« 新年初仕事、つかれた | トップページ | 長年の疑問がとけた日 »

2007.01.08

「長岡宮大極殿跡紀念碑の建立と地域社会」を拝受

1/6(土)はれ
 向日市文化資料館の玉城玲子さんから玉稿とどく。

 「長岡宮大極殿跡紀念碑の建立と地域社会」(同志社大学人文科学研究所『社会科学』77号、2006年9月)です。

 1895年(明治28)建立の、長岡宮大極殿跡紀念碑建立の事情とその意義を論じられたもの。
 以前、京都大学人文科学研究所「近代京都研究班」での報告をうかがったことがあります。

 建碑によって地域は歴史を意識する。
 歴史を意識し、はじめて史蹟なるものは生まれる。
 その意味で建碑の意義はきわめて大きい。
 ではいつ何者によっていかなる目的で建碑はなされるのか。

 こんな問題意識で僕は建碑事業に注目する。

 いただいた玉稿はそれを考えるうえで貴重な成果です。
 勉強させていただきます。

|

« 新年初仕事、つかれた | トップページ | 長年の疑問がとけた日 »