« 「龍馬とおりょう」づいている | トップページ | 無料の京都案内をいたします »

2007.01.30

大河「草燃える」以来の思いいれ

 なかなかねぇ。
 忙しすぎてブログの更新ができませんわ。

 原則毎日更新することで、いろんな場所での受講者との交流の場にしようと思ってましたが、困難になりつつあります。
 
 去る1/27(土)、実朝未亡人の本覚尼が創建した遍照心院(大通寺)で実朝忌があった。
 法要に参列し、そのあと講演をさせていただきました。
 実朝木像を拝んだあとで。

 この業界を志した少年のとき、NHK大河ドラマストーリーに載っていた木像をもつ由緒地で講演。
 1979年の「草燃える」です。
 こんなめぐまれたことが、うれしいことがあろうか。

 と、当日の感動を書き込みたかったのですが、しめきりに追われて、ついに書けなかった。
 仏さんには仕事ひきうけすぎっておこられるし。
 
 それでもなんで生きてんねんねやろ、なんでこんなことしてるんやろと、いつも自問自答できているから、まだまし。
 しあわせにちがいない。感謝でいっぱい。

|

« 「龍馬とおりょう」づいている | トップページ | 無料の京都案内をいたします »