« くずし字に出講し、尊勝院をあるく | トップページ | 海でのはなし、をみた »

2007.01.13

龍馬とおりょうの「結婚式場」

1/12(金)はれ
 昨夜、京都民報に「京都の江戸時代をあるく」の今回の原稿を送った(30話)。

 坂本龍馬の妻おりょうの回想録により、龍馬とおりょうの「結婚式場」跡を特定するという内容。
 そろそろタイトルに問題ありで、たしかに「京都の江戸時代」ではあるのだが、2ヵ月近くも龍馬ばかりで、担当氏から怒られそうと不安に思っていた。

 が、なんと担当氏は自ら法務局にいき、その地の旧土地台帳を調べ出された。
 朝1番にそのメールがきて驚いた。
 外出直前だったのに、そのメールを受けて担当氏に電話。
 便宜をはかる。
 学者肌だなぁ。担当さん。
  
 この話は『京都民報』本年1月28日号に載ります。

 午後から「基礎から学ぶ!日本歴史」に出講。
 また受講者ふえる。
 これまでで最高の数。
 うれしい悲鳴。

 弘仁・貞観文化、延喜・天暦の治をお話しする。
 醍醐天皇と醍醐地域の関わりを「今昔物語集」などにもとづきご紹介。

 夕方からは京都新聞文化センターに出講。
 今回から第二期講座。

 こちらは受講者半減し、7人。
 閉鎖寸前やなぁ。

 でもその7人、全員前回受講者。
 これはうれしい。
 半減ていどは普通。
 前回講座内容を受け入れていただいたと認めてよいと思う。

 それより新規の方が全くなかった方が問題。
 年末年始と新聞紙面に多く広告うたれてたのに。
 これは受講料とか、広告の仕方とか、講座時間とか内容以外の別のわけがあると思われる。
 
 終了後、予期せぬ「来訪者」がお2人あり。おたがい頭をさげまくり。
 申し訳ありません。
 至急なんとかします。

 でも明日も名古屋なんだよなぁ。

|

« くずし字に出講し、尊勝院をあるく | トップページ | 海でのはなし、をみた »