« たいへんな日々のはじまり | トップページ | 本年最後の名古屋、でも休肝 »

2006.12.21

多忙、極にたっする

12/20(水)はれ
 多忙、極にたっする。
 
 朝、来年度にあらたに出講する某大学に履歴書をまとめる。
 それをもって京都駅へ。

 10時、堀川七条の某社で、伏見の□□□□□を紹介するビデオ撮影の打ち合わせ。

 12時30分、駅前のキャンパスプラザで「くずし字入門」に出講。
 江戸時代の摂家一家の紹介の記録を読む。今日は鷹司家と一条家。

 午後4時10分、佛教大学に出講。人文地理学。
 佛教大学付近(紫野・鷹峯地区)の地形図を読み等高線から断面図をつくってもらう。
 それにより地形の読み方を解析。 

 さらに同地域の空中写真の実体視の仕方を伝え、現地に行かなくても、いや現地に立つ以上に地形がわかる方法を教える。
 これで今年の同大学の講義はおわり。

 本日は同大学の卒業論文提出日。
 それゆえ各ゼミで打ち上げ。

 午後6時30分、Wゼミの打ち上げに参加。
 大いに盛り上がるも、途中退席させてもらう。

 締め切りすぎたものが記憶できないほどあり、明日も名古屋に行かねばならぬ。その準備もあり。
 そろそろ体もこの生活に拒否反応を示し出している。

 いかん。

|

« たいへんな日々のはじまり | トップページ | 本年最後の名古屋、でも休肝 »