« 西園寺など鞍馬口から寺町をあるく | トップページ | たいへんな日々のはじまり »

2006.12.16

謎の飛行物体に遭遇

12/15(金)はれ
061215

 午前中、マンガミュージアム(京都市中京区烏丸御池上る)に行く。
 先月オープンしたばかり。

 館内でN市の博物館学芸員O先生とばったり。びっくり。
 今後のいろんな構想をうかがう。興味津々。

 館内ではほかにも知った人に出会う。
 先日の京都検定の直前講習を受講くださった方。

 あのおかげで2級合格確実になった、御礼をいいに行こうと思ってた、今日あえてよかったといわれる。
 なんの気もなしにはじめたドリル、見学会、直前講習。
 こんなにみなさんのお役にたてている。
 こちらが感謝です。ありがとうございます。

 昼はちかくの「とり安」。
 うまい親子丼にびっくり。
 聞いてはいた。しかし来るのは初めて。もっと早くにくればよかった。
 でも、あまり食べられなかった。失敗した。
 また行きます。

 マンガミュージアムに戻ってコーヒー飲んで、次の目的地へ。
 店を出たらまた知った方にぱったり。
 「くずし字入門」の受講者で、僕より読める「師匠」です。
 佛教大四条センターに行かれるところでした。
 ほんの少し立ち話。

 寺町二条の三月書房へ。
 拙著ありました。ありがとうございます。
 西原理恵子、グレゴリー青山、ちゃんと揃ってました。うれしいです。

 二条を東へ。
 書道具を売る店に立ち寄る。
 はがきをはる、ちいさな軸ものを購入。
 
 ここでまた知った方に声をかけられる。
 やはり僕の講座の受講の方。
 これで4人目。すごい日。
 京都ではわるいことはできん。

 舎密局跡から木戸孝允終焉宅跡をへて北上。
 丸太町からは「山紫水明処」を左にして鴨川をさらに北上
 
 そこで不思議なものをみる。
 東方上空に気球のようなものが浮かんでいる。
 なんだろう。
 店の宣伝物か。しかし字はかいていない。

 えらい気になって、正体を確かめに行く。

 今出川から東へ。
 百万遍の交差点の一本西の通を南下。
 みつからない。

 芝蘭会館の北側の道から東へ。東大路通へ出る。

 あ、あった。
 京大だ。
 吉田南の敷地。

 どこだろう。
 ありましたある校舎の上空に浮いてます。
 でもひもが見えない。
 どこから飛ばしているのかわからない。

 付近をあるく学生に聞いても、みないちように「知らない」。
 今日からあがっているのか。

 その校舎の屋上にあがろうとしたが鍵がかかっていて入れない。
 もうあきらめやな。
 
 どうも理系の校舎だ。
 実験の一環ではないか。
 
 と、そのとき、北側の校舎に入ってみようと思った。
 屋上は無理でも最上階の窓からでも見れば、ちがう角度なので何か気づくことがあるかも。

 登っていく。
 びっくり
 屋上の入り口があいている。
 人がいる。
 ヒモが空にのびてる。
 これだ。あった。

 感動の結末。
 謎はあきらめずに追っかけるものだなぁ。

 京大で地学を専攻する大学院生が、先生の研究を助けて、気候観測の実験準備のために風船をあげていたのでした。

 いつからしているのか、僕みたいに問い合わせはないか、と聞くと昨年からしているようで、ブッシュ大統領来日のときは警察からしつこいほどいろいろ聞かれた由。ふだんはほとんど問い合わせはないよう。

 ありがとうございました。すがすがしい気持ちで帰れます。

 帰途、北大路駅で食材を買い、自宅で中華なべをしました。おいしくいただきました。

 ザ・ベストテン2006をみる。
 例年より短時間だったのがさみしくありました。

|

« 西園寺など鞍馬口から寺町をあるく | トップページ | たいへんな日々のはじまり »