« 東山天皇は「人王114代」 | トップページ | 中村勘三郎展を見に行く »

2006.12.08

ことしは2666年かぁ

12/7(木)くもりのちあめ
Photo_2

 午前中、直前講習「日めくりドリルはどこまで当たるか」に出講。
 朝早いのに、いつもより講習費お高いのにおこしくださり感謝いたします。

 お礼をこめて、とつじょ参加費が半額になりました。
 こういうこともあるのですね。

 夜は「さつき会」の忘年会にお招きいただく。
 お仕事です。
 雨の中、Yさんと奥さんに祇園まで車で送っていただく。

 宴会前に、江戸時代の京都・2話を小1時間お話させていただく。

 来年の年賀状には西暦、和年号とともに、神武紀元を採用されることをおススメする。
 江戸時代に使っていた時間です。

 天皇制を擁護したり、日本民族が世界の何よりすぐれているとか、歴史がながい国家などと語るつもりはみじんもありません。
 江戸時代を理解するために知っておいて損でない知識です。

 そのあと宴会。
 上七軒「D」の芸妓Yちゃん、舞妓Eちゃん、みならいCちゃんお越し。
 
 終了後、Yさんたちにお連れいただき、前萩町のスナックで、芸妓Yちゃんと舞妓Eちゃんとアニメソングをデュエットする。
 こんな日もあっていいよね。

 タクシーで送っていただく。
 帰宅しボーっとしていると、舞妓Eちゃん、芸妓Yちゃんから携帯に電話。

 「センセ、原稿にむかってる?」。
 
 帰ったら連載原稿に立ち向かうねん、といったもんだから。
 はいはい。いまからやります。

|

« 東山天皇は「人王114代」 | トップページ | 中村勘三郎展を見に行く »