« 池田屋事件と古高俊太郎を論ずる | トップページ | 山科の本願寺旧蹟、執筆前に歩く »

2006.11.09

五条以南の寺町を濃厚にあるく

11/8(水)はれ
061108komadome

 午前中、「寺町を歩く」に出講。
 今回は五条通から南へ。
 京都市教育会建立の「河原院址」碑から、本覚寺、上徳寺、新善光寺、蓮光寺などにお参り。
 急なことなのに、各所で親切にしてくださり感謝。

 本覚寺は源実朝の御台所、本覚尼ゆかりの寺。

 本覚寺ゆかりの寺は、遍照心院(大通寺)が有名ですが、こちらもそう。

 本尊は本覚尼の持仏とされます(雍州府志)。
 なんと拝観させていただきました。感激。

 最後の蓮光寺は、檀家総代のMさんが受講者だったので、いろいろいい目をさせていただく。
 本尊「負別(おいわけ)阿弥陀如来」も拝観。胸を打たれる。

 蓮光寺は関ヶ原で改易にあう、長宗我部盛親の墓所です。
 その刑場、六条河原にあったという「駒留地蔵」の立派なこと(写真)。

 当寺は坂本龍馬を保護した、酢屋中川嘉兵衛家の菩提寺でもあります。
 こちらも墓参をいたしました。
 
 濃厚な会でした。濃厚すぎて、予定の場所に着くまでにタイムオーバー。
 今回は寺町の南限までゆくつもりだったのに、残してしまいました。
 またいつか。

 次回は11/29(水)午前10時、地下鉄「鞍馬口」駅改札集合です。

 昼食はMさんに誘われて、河原町松原のホテルサンルートの最上階へ。
 Eさん、小Mさんも同行。
 東山の絶景を楽しむつもりが、よい席はすべて予約でアウト。

 次は予約をしてきましょう。

 夕方からは佛教大学に出講。
 地形図の地図記号を実際にたしかめようということで、千本北大路付近をあるく。

 本講義初の巡検だったので、好評だったもよう。
 とりわけ夕暮れの船岡山はお見事。
 若い受講者諸君は、つぎは彼氏・彼女と来ようと思っていた由。

 本日はたいそう歩きました。
 万歩計、1万8千をこえました。
 健康的で何よりです。

|

« 池田屋事件と古高俊太郎を論ずる | トップページ | 山科の本願寺旧蹟、執筆前に歩く »