« 山内一豊の妻終焉地を論じ、聖護院を拝観する | トップページ | 夕張市は明日のわれわれの姿 »

2006.11.21

昔の知人夫婦に声をかけられる

11/20(月)くもり
 なんだかんだと、しなければならないことが多すぎる。
 そのうち、ふたつをこなし、天理大学へ。
 1週間ってはやいなぁ。

 午後5時、京都に戻ってくる。
 
 地下鉄に乗って少し寄り道をする。
 下車し、ある店に立ち寄る。
 そこでパソコンを打っていると、以前書斎にしていた木屋町の「G」の年配の常連客夫妻がおられ、声をかけてこられる。
 こういうのってうれしいな。しらんふりじゃなく。

 また今度もお声をかけてください。

 今日はせっかくカサを持って出たのに使わなかった。
 損した気分。

|

« 山内一豊の妻終焉地を論じ、聖護院を拝観する | トップページ | 夕張市は明日のわれわれの姿 »