« 上七軒Yさんの襟替えに立ち会う | トップページ | 山内一豊の妻終焉地を論じ、聖護院を拝観する »

2006.11.18

冷泉家をたずね、黒谷の紅葉をみる

11/17(金)はれ
061117

 久しぶりに朝マックをする。8時半ごろ店に入って、きづくと何と11時30分。
 3時間もゆっくりしてしまった。不思議。

 そのあと烏丸今出川の冷泉家へ。
 いま特別拝観中です。
 うかがったことがないので、この機会にと思いました。

 以前はあまり関心がなかったのですが、京都検定がらみのしごとをしたり、江戸時代京都論を考えるようになって、とても変わりました。
 興味津々で拝観。

 つづいて銀行をさがす。

 ずっと「山科本願寺・寺内町を考える市民の会」で一般向けのリーフレットをつくっていました。
 このたびついに完成。
 担当の川端泰幸氏(大谷大・任期制助手)に敬意を表します。
 
 きたる11/23の「山科区民まつり」(於山科中央公園)で配布することになりました。
 すでに業者に印刷依頼済み。
 で、急に本日中に入金ということになりました。

 多額ののお金を振り込むと手が震えますね。
 貧乏性なので、サギだったらどうしようとか想ってしまいます。 
 
 そば屋で昼食をしたあと、黒谷へ。
 金戒光明寺の山門もいま特別拝観中です。

 会津松平家や新選組でさんざん食っているのに、この山門にあがったことがありませんでした。
 やっと叶いました。
 遠く天王山、男山までみえて感動。
 もみじ、ようやく色を変え出しています。

 御影堂に参拝。五色の糸にも感動する。
 紫雲石もはじめて拝観。
 
 最後に墓地へ。
 多数の有名人の墓碑があります。

 先日、ここに幕末の商人、大黒屋今井太郎右衛門が埋葬されていることを知りました。
 今井は古高俊太郎と同じく、確実な長州毛利家の密談の地です。
 古高宛の書簡に大黒屋が密議の地に使用されていたことが記載されていて、たいへん関心をもっていました。
 
 ようやく墓参ができました。
 遅くなりました。
 お世話になっております。

 黒谷から烏丸丸太町まであるく。
 京都新聞社の本日の夕刊の掲示をみる。

 今日のドリルの答えは「金戒光明寺」。
 出題日に舞台地をあるいていたわけだ。
 この偶然、ひとりで笑う。

 よくあるいたなぁ。
 なるほど万歩計は16947歩だ。

 夜はお好み焼き。
 気分がいいので家で自らつくる。

 まあまあのできでした。

|

« 上七軒Yさんの襟替えに立ち会う | トップページ | 山内一豊の妻終焉地を論じ、聖護院を拝観する »