« 淀の三宅碑をあるき、東京へむかう | トップページ | 山川均氏より『石造物が語る中世職能集団』を恵贈 »

2006.10.04

龍馬の妻おりょう没後100年祭に参加

10/1(日)雨
 横須賀市大津へむかう。
 午前11時少し前、「京急大津」駅につく。
 Mさん、Fさんと合流。
 
 信楽(しんぎょう)寺のおりょう墓にはじめてお参り。
 たまたま本日はウォークの会があり、墓参者多数。

 大津行政センターに行き、おりょう展を拝見。
 館長さんなど何人かご挨拶をいただき、館長室でお茶もいただく。

 お昼前、Mさんのご案内で、「横須賀中央」駅近くのおりょう終焉地へむかう。
 終焉地の近接に葬儀会社ビルあり。
 号して「おりょう会館」。

 おりょう胸像もあり。
 うーん。

 午後1時、大津行政センターにもどり、郷土史家鈴木かほる氏のおりょうの講演を聴く。
 友人C氏も会場におられること気づき、少し会話。

 パネルディスカッションは失礼し、浦賀へむかう。
 浦賀港、奉行所跡などを見学し、バスで久里浜に移動。

 ペリー公園の伊藤博文揮毫の巨碑をみる。
 子ども向け書籍の挿図写真で見て以来、はじめて訪問。25年目のこと。感慨無量。
 
 品川駅で親友Y君と合流、再会を楽しむ。
 9時すぎの最終新幹線で京都へ戻る。

|

« 淀の三宅碑をあるき、東京へむかう | トップページ | 山川均氏より『石造物が語る中世職能集団』を恵贈 »