« 大名屋敷が無くなっても残るもの | トップページ | 淀の三宅碑をあるき、東京へむかう »

2006.10.02

土居薮の高札文言を読み、大名屋敷をあるく

9/29(金)はれ
 京都市、本日をもってゴミの無料収集おわる。
 月曜から有料袋での回収はじまる。
 本日はいつもの比でない、大量のゴミが捨てられていた。

 くずし字入門、出講。
 今日は土居薮などに建てられていた高札文言の解読。

 昨日メールをいただいた講座依頼の件、さっそく3人も打ち合わせに来られる。
 引き受けることになる。
 2月と3月、2回ずつ。
 京都駅の周辺などの歴史について、レクチャーおよび現地見学会。

 そのあと、大名屋敷跡をいくつか訪問。
 残された「あるもの」の探索。

 夜、大谷大学で、山科本願寺・寺内町を考える市民の会の会議に出席。
 会長、事務局長、S先生、A先生、K先生など8人参加。
 
 一般の方むけのリーフレット、完成目前。
 願いかなって、解説文にオールふりがなが打たれる。
 こりゃ、読みやすい。
 すばらしいこと。

|

« 大名屋敷が無くなっても残るもの | トップページ | 淀の三宅碑をあるき、東京へむかう »