« 天理大学、黒塚古墳、大神神社 | トップページ | 本日は6020歩、残念! »

2006.10.18

万歩計をつけて初あるき―奈良

10月17日(火)
 朝7時50分、名古屋駅前集合。
 柳橋朝日カルチャーセンター「街道ぶらり旅」奈良その1、「上ツ道をあるく」に出講のため。

 参加者約45名。前回シリーズ(京都編)より多いぞ。すごい。

 10時40分、大神神社(桜井市)に参拝。
 たまたま卯の日祭のさなか。神官の木靴、ここちよい音。

 11時40分、三輪素麺池利でにゅうめんの昼食。
 前回ほどではありませんが、今回もご好評の由。

 12時30分出発。
 午後からは箸墓古墳から上ツ道を北上、纏向遺跡に入る。
 出現期の古墳の代表、石塚古墳にのぼり、勝山古墳にちかづく。

 ここからバスに乗り、天理市立黒塚古墳展示館に入る。
 展示館の原寸大模型は圧巻。
 図書など多く売れる。
 みなさんご熱心。

 同古墳は、戦国期には城に、江戸時代には織田家の陣屋跡。
 複合的な意味のあるもの。
 
 またバス移動。
 急に思いついて、天理教教祖誕生殿(中山みき生家)に参拝。
 以前このツアーでは、大本教本部をおまいりしている。
 ぐうぜん教派神道めぐりをしている。

 歩いて三昧田藤棚の芭蕉句碑へ。
 ここは天誅組志士、安積五郎、磯崎寛らが捕縛された地でもある。

 このことは、近刊の天理大学文学部編『山の辺の歴史と文化』(奈良新聞社)に平易にまとめました。
 ぜひご覧下さい。

 終了。
 みなさん、西名阪の天理ICに乗って名古屋に帰られますので、天理市内でお別れ。
 来月、みなさんとの懇親会が決定しています。
 そのときまでさようなら。

 寄り道せず、帰宅。
 仕事たまっているもの。
 そうそう、今日は万歩計初装着でした。
 
 1万5562歩でした。
 そんなに歩いたつもりはないのだけれど。
 まあよかった。 

 明日はどうかな。

|

« 天理大学、黒塚古墳、大神神社 | トップページ | 本日は6020歩、残念! »