« 天理大学と駅を徒歩往復、1万歩こえる | トップページ | 明治維新史学会大会に参加 »

2006.10.26

ミス。藤原「頼道」と違います

10/25水はれ
061024_1911
(前日に友人が食べたキムチお茶漬け。興味深かったので掲載)

 とても気持ちのよい朝。 なかなかない気分。朝から中京区をあるく。

 お昼、くずし字入門。盛況。
 次回から部屋が広くなります。
 これまでご迷惑をおかけしました。

 夕方から佛教大学「人文地理学」出講。
 地形図入門、つづき。

 京都西北部2万5000:1をつかっています。
 本年春刊行(前年調査)された新地形図なのに、数年前になくなったある「官公署」がそのまま記されてあった。

 誤りとはいわない。

 ただ地図の調査年は、景観年代とかならずしも同一ではないことを知る事例だ。
 (2005年調査と書いてあっても、2004年以前の変化を修正しているとは限らないということ。
 ああ、やっぱり誤りか)。

 おもしろいから現状写真を受講者にみせる。

 大学図書館に延滞図書を返却。
 教員でも罰則あり、しばらく借りられない。
 やむをえない。

 京都民報の連載、18話完成、担当Hさんに送る。
 つづいて「京都検定/日めくりドリル」(『京都新聞』夕刊、毎日)来週の分をうつ。
 
 前日掲載分にミスあり。
 「藤原頼通」とすべきところ、「通」を「道」としてしまった。
 パソコンの変換ミスをそのままにして担当氏におくってしまったのだ。

 自転車操業状態なので、校正はできず。

 今週も公式テキスト改訂版のミスを指摘しているが、その本人がこんな誤字。
 心より謝罪いたします。

 万歩計、なんと2万をこえる。
 歩きすぎ。

|

« 天理大学と駅を徒歩往復、1万歩こえる | トップページ | 明治維新史学会大会に参加 »