« 龍馬とおりょう、史料論 | トップページ | 民芸公演、明石原人をみる »

2006.09.04

マニアな龍馬とおりょう旧蹟をみる会

9/3(日)はれ
 中日旅行会主催の「龍馬とおりょうの京都」をバスで訪ねるイベント。
 30人のご参加。
 なかには超龍馬通のMさん、Cさんもおられ、ちょっとやりにくい(心地よい緊張)。
 
 コースは、

寺田屋 ⇒ 龍馬避難の材木小屋伝説地 ⇒ 伏見薩摩屋敷跡 ⇒ 智積院(昼食、山内容堂宿舎跡) ⇒ 方広寺南大門(龍馬居住地跡) ⇒ 七条新地跡(おりょう居住地) ⇒ 鳥新旧地 ⇒ 枡屋喜右衛門邸跡・大高又次郎宅跡 ⇒ 菊屋峯吉宅跡 ⇒ 近江屋新助方(終焉地) ⇒ 西林寺旧地(おりょう実家菩提寺) ⇒ おりょう誕生推定地 ⇒ おりょう宅跡 ⇒ 酢屋嘉兵衛旧宅(終焉地のひとつ前の居宅) ⇒ 池田屋跡 ⇒ 丹虎跡(武市瑞山居宅跡) ⇒ 長州屋敷跡 ⇒ 岩倉具視幽棲旧宅(龍馬訪問の建物)

でした。
濃い、濃い。

よくぞ1日でこれだけ回れた。
事故もなく。
みなさんのおかげです。
ありがとうございました。

終了後、みなさん、名古屋へ。
京都宿泊の参加者Cさんと僕だけ京都に残る。

近江屋跡を見下ろす場所で打ち上げ。

|

« 龍馬とおりょう、史料論 | トップページ | 民芸公演、明石原人をみる »