« 帷子ノ辻で寺町を論ずる | トップページ | 鳥羽伏見戦争跡をバスで行く »

2006.09.22

小学生に琵琶湖疏水をおしえる

9/18(月・祝)はれ
 特定非営利活動法人「山科醍醐子どものひろば」に参加。

 山科・醍醐の子どものたちに、地域のよさを伝え、それを冊子にする活動団体。
 趣旨に賛同して、講師をひきうける。

 午前9時10分、京阪山科駅前のバスターミナル集合。
 今回は琵琶湖疏水をあるく。

 京阪三井寺駅にいき、琵琶湖収水口をみる。
 小学生にわかりやすい言葉で疎水の意義を伝える。むずかしい、むずかしい。

 電車で蹴上にもどってきて、南禅寺水路閣をへて、琵琶湖疏水公園の田辺朔朗像の前で弁当をひろげる。
 昼食後はインクラインを通って、琵琶湖疏水記念館へ。

 3時前、山科駅解散。意義深い1日でした。
 小学生に歴史を伝えることができたら、正直誰にでも伝えられる。

 4時半まで、駅前のロッテリアで次回の打ち合わせ。
 次回は、元慶寺と山科本願寺・寺内町です。

|

« 帷子ノ辻で寺町を論ずる | トップページ | 鳥羽伏見戦争跡をバスで行く »