« 京都の内藪の分布図をつくる | トップページ | 京都御苑と山科で旧蹟案内をする »

2006.09.26

高知城下町と大化改新の話をする

9/21(木)はれ
 栄中日文化センター「城と城下町」講座の日。
 名古屋へ。
 本日は最終回、土佐高知城と城下町。
 半年かけて、山内一豊に関する城と城下町を論じてきた。 
 大河ドラマは終わってないが、こちらはもう終わり。

 来月からは、「城と戦争」という講座がはじまる。
 今回の受講の方々、帰り際、何人も次回もよろしくと行っていかれた。ありがたいこと。

 一部の受講生と打ち上げ。
 そのとき手帳をなくしたことにきづく。あわてる。
 新幹線か、中日ビルか。

9/22(金)
 朝早く起きて、締め切りとっくに過ぎた「京都の江戸時代」第13話に立ち向かう。
 完成しないまま、キャンパスプラザ京都に出講。「大化改新」その2。
 
 急いで帰宅し、また原稿執筆継続。
 午後2時半ころにあがる。担当H氏に送る。

 夕方、病院へ。
 先日の胃腸不良。
 すでに治っているが少々不安なので、検査をしてもらう。

 血液検査の結果以外はまぁ問題なし。ほっとする。

 血液検査の結果は来週出る由。

 手帳、中日ビルで見つかった由。
 すぐ郵送してもらう。
 助かった。

|

« 京都の内藪の分布図をつくる | トップページ | 京都御苑と山科で旧蹟案内をする »