« 京都の山内一豊旧蹟を案内する | トップページ | 寺町鞍馬口の閑臥庵に参拝 »

2006.08.23

加茂と笠置の三宅碑調査にゆく

8/22(火)はれ一時雨
 未知の三宅碑を確認に、城南へむかう。
 大半は、知人や大学生が教えてくれていたものの、自身では未確認だったもの。 

 京都府相楽郡加茂町、笠置町に入る。
 計6基と出会う。
 満足。
 
 笠置山で大雨に遭う。
 まだありそうだったが、あきらめる。
 
 宇治田原町にもまだ4か所以上未確認のものがある。
 三宅碑は最初の論文以後、おびただしい成果を得ているのに、まだ活字になっていない。
 早く世に送らなければ申し訳がたたない。

|

« 京都の山内一豊旧蹟を案内する | トップページ | 寺町鞍馬口の閑臥庵に参拝 »

コメント

shimizuさん
ごぶさたしています。
 恭仁宮大極殿跡を示す史蹟碑と、海住山寺への道標が存在します。
 お気づきのものがありましたらぜひ教えてください。

投稿: 中村武生 | 2006.08.24 08:04

日照院さん
こんにちは。
 加茂、笠置など相楽郡はまだ未確認の碑が多いとふんでいます。何か見つけられましたらぜひ教えてください。

投稿: 中村武生 | 2006.08.24 08:01

先週、伊賀の帰りに笠置、加茂あたりを通る。
恭仁京跡、海住山寺を散策。
こんな山寺に国宝の五重塔があるにビックリした。三宅碑もあったのかなぁ??

投稿: shimizu | 2006.08.23 23:34

 加茂、笠置あたりは研究の関係でよく歩くんですが、あちらには余り知られていないものが多いんでしょうか。

 確かにそれらしい碑もよく見かけますが。

投稿: 日照院 | 2006.08.23 20:55

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都の山内一豊旧蹟を案内する | トップページ | 寺町鞍馬口の閑臥庵に参拝 »