« カバの話と日本沈没に感銘 | トップページ | 休館日に京都国立博を参観 »

2006.07.31

宇陀松山で天誅組志士の碑を発見

7/30(日)はれ
 朝から奈良県宇陀市へ。
 中近世都市史の研究会、1617会の行事で。

 宇陀松山城下町を歩きました。
 午後はシンポジウム。

 ほんらいの目的とちがうことに感銘をうけました。

 ①森野旧薬園(国史蹟)に初めて入りました。
   鷹峯薬園(京都市北区)の啓発に関心のある者として、訪れたかった場所です。

 ②幕末天誅組の林豹吉郎の誕生碑を見つけました。
    宇陀松山出身とは知っていましたが、恥ずかしながら建碑されていることを知りませんでした。

    主将中山忠光を逃がすため、自殺的に敵陣に斬り込んだひとりです。
    ほかに土佐の那須信吾と、三河の宍戸弥四郎などがいます。
    今春たまたま、宍戸弥四郎の誕生地〈愛知県刈谷市〉にも初めて行きました。
    思いいれが深いです。

 ③新選組伊東甲子太郎、山崎蒸が役目で訪問したところです。
   慶応2年(1866)12月のこと。宿泊地「上町」を歩けました。
   詳しくは拙稿「吉田稔麿論」(花園大学人権論集、2005年の号)

 夜は大和八木(奈良県橿原市)で懇親会。
 
 昼、考古学研究者、網干善教先生の逝去を聞きました。
 習った先生です。

 ある時期、一番前でかぶりついて講義をうかがいました。
 講義中、私語をする学生に「卒業生として、他の大学から出講くださる先生に恥ずかしい」と怒鳴っておられたのが忘れられません。
 網干先生は、佛教大学の前身、佛教専門学校のご出身で、その後龍谷大学大学院へ進学され、考古学を学ばれました。
 
 奈良県明日香村のお寺の出身で、高松塚古墳の発見者として知られます。
 この騒動の中の逝去は心残りだったことでしょう。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« カバの話と日本沈没に感銘 | トップページ | 休館日に京都国立博を参観 »

コメント

 南心さん
 網干先生に習われたのですね。
 重ねてご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 中村武生 | 2006.08.01 05:31

 大学院を出てから、博物館学芸員の資格を取るために(母校では取れなかったので)佛教大学の通信で取りました。スクーリングで京都に行ったときに網干先生の講義を受けたことを思い出しました。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 南心 | 2006.07.31 19:09

この記事へのコメントは終了しました。

« カバの話と日本沈没に感銘 | トップページ | 休館日に京都国立博を参観 »