« 京都の江戸時代をあるく、掲載紙届く | トップページ | 昼からビール、そのあと仕事 »

2006.07.08

お子さん向けの「大人の本」を読む

7/7(金)はれ夕方小雨、夜くもり

 岡田章雄という歴史研究者(故人、キリシタン史)の、お子さん向けのある書物を一気に読む。

 以前に古書店で購入し、読まずに置いておいたもの。 
 本日、友人のお嬢さん(小学校高学年)に差上げるつもり。
 差上げる以上、内容を把握しておかないと、と初めて読みました。

 すばらしい大人向けの本でした。
 今後、大人むけ講座の教科書に使用しようと思えるものでした。

 で、そのお嬢さん。
 差上げるべきか、迷いました。

 すべての漢字にふりがなは打ってありますが、とにかく「大人が関心のあること」をかみくだいて解説した本なのです。
 つまり「大人の本」です。

 が、優秀なお子さんなので、いいやと思い、謹呈する。
 関心のあるところだけでいいですから、読んでください。
 
 「歴史学」とは何か、を伝えようとした、実にいい本です。

|

« 京都の江戸時代をあるく、掲載紙届く | トップページ | 昼からビール、そのあと仕事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。