« 昼からビール、そのあと仕事 | トップページ | 京都・明治維新の人物、最終回 »

2006.07.10

聚楽第の研究史をはなす

7/9(日)くもりのちはれ

 午後1時から、嵯峨野学芸倶楽部出講。
 テーマは「聚楽第の発見」。
 聚楽第の研究史をはなす。

 参加者、前回より少なくなっていて、ちょっとがっかり。

 疲れて、大河ドラマ見ずに寝る。

 深夜起きて、仕事再開。
 少し進む。

|

« 昼からビール、そのあと仕事 | トップページ | 京都・明治維新の人物、最終回 »

コメント

南心さん
こんにちは。
 建物遺構の話しではなく、どの地に聚楽があったかという研究史です。
 機会がありましたらお越しください。

投稿: 中村武生 | 2006.07.13 21:22

 聚楽第のお話、興味があります。是非とも聞いてみたかったです。如何せん東京の果てに住まいする身としては、もどかしい限りです。
 よく京都の寺社などで、聚楽第から持ってきた建物とか庭石とか手水鉢とか燈籠とかありますが、大半は伝承なんですかね?興味あるところです。

投稿: 南心 | 2006.07.13 20:50

この記事へのコメントは終了しました。

« 昼からビール、そのあと仕事 | トップページ | 京都・明治維新の人物、最終回 »