« 龍馬妻おりょうのイベントに協力 | トップページ | カバの話と日本沈没に感銘 »

2006.07.28

府立資料館でカキ氷を食べた。暑いから

7/27(木)はれ
 朝1番に京都府立総合資料館に行く。
 龍馬の妻おりょうに関する文献コピーのためなのだが、暑くて頭がまわらない。

 イチゴのカキ氷を持ち込んで、事務所で食べる。周知の職員Mさんにも強要する。
 
 コピーしおえた文献をもったまま外に出ようとして、出入り口でブザーがなる。
 いかに頭が麻痺していたかよくわかる。堂々と持ち出そうとしたのだから、窃盗意図があったはずもなく、職員さんに苦笑されておわる。

 帰り際、1階の自習室で多くの職員さんが掃除をしておられる。
 自習している人がいるのに何でこんなときに掃除するのやろう、と不思議に思っていたら、あとからMさんからメールがきて水道管が破裂して大変だったと知る。
 Mさんも動員され、大変暑い思いをし、いまこそかき氷が食べたかったと感想を聞く。
 それはタイミングのわるいことと、申し訳なく思う。

 僕はそんなことも知らず、乙訓郡へ。
 また朝日カルチャーのイベントの下見。
 こんどは山崎の合戦の舞台地をあるく。
 
 大山崎町歴史資料館に立ち寄り、大変親しい学芸員の福島克彦氏からたくさんの関係資料と、一杯のカルピスをいただく。感謝。

 雨がふったりやんだりの不愉快の天候のなか、光秀本陣跡の「御坊塚」にのぼる。

 帰途は京都駅で原稿をつくる。
 追われてばかりだが、まあ確実に仕事は進んではいる。
 しかし懸案のものがいくつか手付かず。

|

« 龍馬妻おりょうのイベントに協力 | トップページ | カバの話と日本沈没に感銘 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。