« 聚楽第の研究史をはなす | トップページ | ミヤコでの「捨馬」は流罪 »

2006.07.13

京都・明治維新の人物、最終回

7/12(水)一時小雨
 ココログのメンテナンスで2日間更新できませんでした。失礼しました。 

 「京都の江戸時代をあるく」第3話、原稿提出。
 写真足らず、小雨のなか鞍馬口寺町付近へ行く。

 佛教大学講義、「京都・明治維新史の人物」最終回。
 「寺井萬次郎―京都市教育会の建碑」です。

 好評のまま終わる(感想文からの判断)。
 来週は試験です。

 終了後、寺町三条あたりの写真撮影にゆく。
 そのあとなじみのお好み焼き店へ。

 某所より早くも来年度の仕事打診あり。感謝でいっぱい。

|

« 聚楽第の研究史をはなす | トップページ | ミヤコでの「捨馬」は流罪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。