« 小学館の古文書講座に出講 | トップページ | 方形周溝墓をみて、名古屋へ »

2006.06.10

明日、方形周溝墓を見に行きましょう

6/9(金)はれ
 お昼から「基礎からまなぶ!日本歴史」に出講。
 ようやく倭の五王のはなし。

 明日、京都市埋蔵文化財研究所による現地説明会があります。
 市内最大の弥生の方形周溝墓が出たためです。

 先日、方形周溝墓のはなしをしたばかりです。
 今朝の京都新聞のコピーをお配りし、できたら見に行ってください、とおススメしました。
 僕もうかがう予定です。

 本日はいままで1番多い参加者数でした。
 これから大変だわ。

 軽食のあと、五条坂、清水坂へ。
 安祥院の梅田雲浜、大高忠兵衛の墓参。とてもひさしぶり。

 路傍で安祥院に関する道標(境界石?)を見つけ、びっくり。
 こんなものがあるのか?

 「従是西之・・・・」
 「安祥院寺・・・・」
とありました。下は埋まっています。残念。

 渋谷街道を通って京都駅へ戻ってきました。

 明日、名古屋の朝日カルチャーセンターへ出講。
 あさっては、京都の「連」へ同じく。
 帰宅して、それぞれの準備をする。

 また寝るのが遅くなっちゃった。

|

« 小学館の古文書講座に出講 | トップページ | 方形周溝墓をみて、名古屋へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。