« 夕方の講義のあと野外調査 | トップページ | 伏見街道などの道標をみる »

2006.06.16

名古屋に出講して「是より洛中」を語る

6/15(木)雨
 午後から名古屋の栄中日文化センターへ出講。

 「城と城下町―山内一豊の周辺―」講座。その第3回「掛川」。

 必ず冒頭で、自分の歴史研究のニュース速報をします。
 速報ですから、あとで訂正することもあります。

 でもカルチャースクールは、数十年も前の成果を聞かされる場合も少なくありません。
 たまにはとれたて、新鮮な生ものをお出しする場があってもいいのでは、と思っての行為です。
 
 今回は「是より洛中」標石のはなしをしました。
 長浜の御朱印地標石との比較をするつもりが、タイムオーバーで出来ませんでした。
 失敗。

 夕方から受講者と懇親会。
 一旦帰宅。

 またあさって名古屋に戻ってこないといけません。
 今度は龍馬講座。

|

« 夕方の講義のあと野外調査 | トップページ | 伏見街道などの道標をみる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。