« 忘れられた幕末志士の調査 | トップページ | 江戸時代、洛中の内薮を読む »

2006.06.29

6/27の論文受贈

去る6/27(火)、次の論文を拝受いたしました。

 ○桐野作人さん(歴史作家)から
 同氏「龍馬遭難事件の新視覚―海援隊士・佐々木多門書状の再検討―」第2回
 (『歴史読本』2006年8月号〈日本の良妻賢母〉所収)

 桐野さんは「歴史作家」と名乗っておられますが、歴史学の専門誌に論文もかかれておられる強者で、「日本史研究者」と名乗られてもいいのではないかと思っています。
 
 今回も「うそだらけ」の龍馬暗殺事件に、初めて「まともな」議論をふっかけておられます。
 読み応えがあります。

 桐野さん、ありがとうございました。

|

« 忘れられた幕末志士の調査 | トップページ | 江戸時代、洛中の内薮を読む »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。