« 古高俊太郎と応仁の乱の話し | トップページ | 折れた三宅碑、3基発見の由 »

2006.06.24

左京で講演して山科で打ち合わせ

6/22(木)、雨
 午後2時から左京老人連合会へ出講。
 ありがたい会で、2002年からずっと継続してこの時期、講演依頼をいただいている。

 京阪出町柳駅から会場へ徒歩で。
 途中、下鴨警察の前を通る。
 びっくりするほどのテレビ局の人・車。
 
 何があったのだ?

 あとから、奈良・田原本の事件の高校生の長男が同署に保護されていたとわかる。
 田原本署に移送されるため、車が出てくるのを待ち構えていたのだ。

 講演タイトルは「平安京誕生」。
 専門ではないけれど、御依頼あったので。
 たしかに京都の歴史全体が研究対象だけど。
 最近、何でも屋になっているなぁ。
 それを承知で依頼されているのだし、まぁいいか。

 でも直接の専門でない気安さか、かなり軽口もたたけ、受講者なんども大笑いしてくださる。

 帰途、また下鴨署の前を通る。
 まだたくさんのテレビカメラ。
 
 つぎは山科区大宅へ。
 NPO法人「山科醍醐こどものひろば」の事務所を訪ねる。
 山科の文化をつたえる、お子さんむけのよい冊子を出しておられます。

 山科駅前の中華料理店「M」でたまたま見かけて、感心し、直接連絡し無理をいってその冊子を複数いただきました。
 その関係で、今回その事業をお手伝いすることになりました。
 感銘受けること多いひとときでした。

|

« 古高俊太郎と応仁の乱の話し | トップページ | 折れた三宅碑、3基発見の由 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。