« 昼は御土居堀、夕方は新選組論 | トップページ | 江戸後期の尾張日記を入手 »

2006.05.20

古書市で近代の文書、記録を入手

5/19(金)あめ
 夕方、高倉三条あたりをあるく。
 たまたま京都文化博物館で古書市をしているのを見る。
 立ち寄ってみる。

 刊本より古記録、古文書が気になる。
 幕末の文書1通と、近代の商家の日記1冊を購入。安価(2束3文)。

 帰宅して読む。

 幕末の文書は慶応2年9月のもので、「青蓮院宮様御家来武田相模守(信発)」という文言あり。

 日記は、現在の左京区の質屋のもの。
 1909年(明治42)から大正10年(1921)の13年分。

 記主やその家族構成、使用人も記載、菩提寺もわかる。
 その家の間取りや、おくどさんのイラストもある。

 これはおもしろい。

 この「2束3文」に価値を与えるのが研究者なのだなぁと思う。

|

« 昼は御土居堀、夕方は新選組論 | トップページ | 江戸後期の尾張日記を入手 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。