« 江戸後期の尾張日記を入手 | トップページ | 龍馬とおりょうのバスツアー »

2006.05.22

後白河、秀吉、龍馬の東山七条をあるく

5/21(日)はれ
 京都史蹟隊の巡検で東山七条をあるく。
 本日は少人数でした。
 あるくにはちょうどいいかもしれない。
 
 コースは、
 三十三間堂⇒養源院⇒法住寺⇒後白河天皇陵⇒方広寺南大門⇒今熊野神社⇒一ノ橋跡⇒方広寺西大門跡⇒鼻塚(耳塚)⇒豊国神社⇒方広寺鐘楼⇒大仏殿緑地⇒妙法院⇒豊国社旧参道⇒智積院

 龍馬や天誅組など、幕末期のこの地域の重要性についても披露。

|

« 江戸後期の尾張日記を入手 | トップページ | 龍馬とおりょうのバスツアー »

コメント

shimizuさん
 妙喜庵待庵の前と、そばの西国街道沿いと2基ありますね。どちらをご覧になられましたでしょうか。

投稿: 中村武生 | 2006.05.23 08:08

いい天気でしたから行きたかったのですが予定がありまして残念。私のほうは大山崎、待庵近くで三宅碑を見つける1日でした。

投稿: shimizu | 2006.05.22 23:59

この記事へのコメントは終了しました。

« 江戸後期の尾張日記を入手 | トップページ | 龍馬とおりょうのバスツアー »