« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.29

山科の三宅碑をあるく

5/28(日)はれ一時あめ 

Dsc017391

 「山科の三宅安兵衛遺志碑を歩く」のイベント。

 現在、山科に三宅安兵衛遺志碑は1基しか残っていません(醍醐には2基)。
 だから必ずしも、現存碑を見に行くというわけではない。

 「三宅日記」によると、1926年(大正15)6月20日、記主三宅清治郎は、山科へ出かけ、建碑の地を探っております。
 そのルートを歩くというイベントです。

 参加者のなかには、小学校5年生のお嬢さんもあり。
 全体の空気がやわらいでいたような感じ。

 さてコース。
 日ノ岡駅跡⇒百華園跡⇒天智天皇陵⇒妙応寺 とおよびました。

 妙応寺ってご存知ですか。
 現在の山科では決して知られた寺院とはいえません。

 三宅清治郎は歴史研究者ではありません。
 西陣織の帯屋さんです。
 とくに山科の歴史に詳しいわけではないはずです。
 
 その彼が訪ねた。
 当時は知られた寺院だったようです。

 江戸時代の地誌(観光ガイドブックのようなもの)のひとつに、『雍州府志』というものがあります。
 それによると、天智天皇陵の前に「天智天皇ノ社」がありました。

 妙応寺(明王寺)は、「天智天皇ノ社」の神宮寺だとあります。

 つまり妙応寺は、天智天皇陵ゆかりの寺院だったのです。
 そのことがいまはまったく忘れられてしまったのです。

 今回お寺のご好意で本堂にあげさせていただきました。
 本尊観世音菩薩を拝しました。

 その横には歴代住職の位牌が。
 もしやと思って丹念にみると。

 ありました。

 天智天皇の位牌です。
 「天智天皇神儀」とあります。

 こんなものがあるのだ。
 感激です。

 側面には「今上皇帝」のものも。
 昭和天皇でしょう。
(上写真、クリックしてください。少し大きくなります)

 参加者みな思いをこめて、お寺にお礼を申しました。

 次の目的地は毘沙門堂です。
 旧三条街道(旧東海道)を歩いていきます。

 五条別れの沢村道範の道標をみる。
 その意義を多くかたる。

 その間、びっくりするほど車が通る。

 そのうち道標に自動車が突っ込むことでしょう。
 実際すれた跡がありました。

 白川橋三条の京都市内最古の道標も車が突っ込んで折れたこと、記憶に新しい(犯人は逃亡)。
 
 この道標は、この最古の道標などとセットで、京都市登録文化財となっています。
 文化財保護のため、あの曲がり角は自動車通行禁止にすべきです。

 山科駅前にたっしました。
 明治天皇聖蹟碑で、奴茶屋のこと話す。

 惜しいことをしました。
 1994年まで明治天皇休息の建物、残っていました。
 破壊されるところ、見ました。
 写真も撮りました。

 山科駅前再開発の一環で消えたのです。
 ここでも現代生活の利便性だけが優先されている。
 恥ずべきことです。

 毘沙門堂にいくまでに、予定の4時になってしまいました。
 小雨も降ってきました。

 で、駅前の三宅碑を訪ね、そこで解散をいたしました。
 
 「日記」には、その日さらに山科盆地の中心部へ歩いていくことが記載されています。
 今回とても行けませんでしたので、第2回をしましようと、その場で決まりました。

 6/25(日)午後1時、JR山科駅改札前集合です。
 今回お越しでなかった方もどうぞおこしください。

| | コメント (0)

2006.05.28

5/27の受贈図書

5/27(土)つづき
 本日も次の図書を寄贈いただきました。

 ○石田孝喜さんから
  石田孝喜さん『続・京都史跡事典』、新人物往来社、2006年6月

 ○朱まり子さん(山科醍醐こどものひろば)から
  山科醍醐こどものひろば『たいけん・はっけん・町たんけん―山科・醍醐 みんなのまち―』、2005年3月、5冊

 ○高津明恭さんから
  高津明恭さん『平安京 西の京厨町物語』、私家版、2006年6月

 大切にし、学ばせていただきます。
 ありがとうございました。

| | コメント (0)

東寺駅から丹波口駅まで歩く

5/27(土)くもり
 御土居堀を考える講座。
 雨を心配しましたが、最後に少し降っただけ。

 雨の危険のせいか、少しいつもより少ない参加者。

 近鉄東寺駅から、西回りに土塁と堀跡を歩く。
 JR山陰線丹波口駅で解散。

 雨も降らず、事故もなく、ありがたいこと。
 参加の方々のお気遣いのたまものです。
 感謝いたします。

| | コメント (0)

2006.05.27

本日の受贈図書

5/26(金)つづき
 本日、以下の書物を寄贈いただきました。

 ○木立雅朗さんより
 『京焼と登り窯―伝統工芸を支えてきたもの―』(立命館大学COEアート・エンタテイメント創生研究、近世京都手工業生産プロジェクト編・発行、2006年3月)
 『陶器製手榴弾弾体の考古学的研究』(立命館大学文学部学芸員課程研究報告第12冊、立命館大学COEアート・エンタテイメント創生研究、2006年3月)

 ○桐野作人さんより
 『歴史読本』本年7月号(日本史探偵塾 趣味で楽しむ歴史、本年5月24日発売号)

 ありがとうございました。あつく御礼申し上げます。

| | コメント (2)

また方広寺大仏殿旧境内の調査

5/26(金)あめ
 ひきつづき、方広寺大仏殿旧境内の調査。
 意外な成果(発見)、続々あり。
 やめられんなぁ。

 夜大谷大学へ。
 7時から、山科本願寺・寺内町を考える市民の会、事務局会議。
 
 終了後、K野K之先生のお誘いで懇親会。
 本日はK野先生の54歳の誕生日と知る。
 おめでとうございます。

| | コメント (0)

2006.05.26

大谷大学と小学館

5/25(木)はれ
 午前9時、大谷大学へ。
 史学科の新入生約100人に、歴史を学ぶ楽しみを話すようにご依頼がありました。
 光栄なこと。

 「歴史地理のススメ」と題しました。
 文献史料から分からないことを、場所の特定によって分かることがある、「その場所はどこだ」という追求の面白さ、重要さを説きました。

 2人の男子学生から質問がありました。
 さてご理解いただけたか。

 終了後、先生方からお茶をご馳走になる。
 先日入手した幕末の文書、記録を広げ、歓談。
 気づかなかったこと、ご指摘いただく。

 午後から奈良市高の原へ。
 小学館古文書講座、初日。
 受講者2人。
 男女ひとりずつ。
 
 熱心で優秀な方々で楽しく進みそうです。

 夕方、京都に戻り、市北青少年活動センターへ。
 職員のTさんと歓談。
 北区での歴史地理巡検の実施を話し合う。

| | コメント (0)

2006.05.25

講演ダブルヘッダー、用意。

5/24(水)はれ
 明日、大谷大学の1年生約100人に歴史研究の楽しさを伝える講演があります。
 また奈良・高の原の古文書講座の第1回もあります。
 ダブルヘッダー。
 その準備に追われる。

 大学講義あり。

 そのあとは、教育実習に行くという受講生とお話。

| | コメント (0)

2006.05.24

京博平常展を楽しみ、大仏跡で歓喜

5/23(火)あめのちくもり
 午前中、「基礎から学ぶ!日本歴史」に出講。

 本日は弥生時代。
 森本六爾、杉原荘介など学史の話しも盛り込んで。

 専門的なものではありません。
 高等学校の日本史レベル。
 これに若干のアレンジをくわえ、一般の方へ提供しているだけです。

 受講生Tさん、推薦した副読本を購入してこられる。
 たまたま買いに行かれたJ堂B店で、それを探してくれた店員が佛教大生で、僕を知っていたという。
 それはすごい。
 僕のことを知っている学生なんてそんなにいるものではない。

 「SというK育学科の人でした。」
 知ってます、知ってます。
 すごく知ってます。
 院生です。
 その奇縁に驚く。
 
 午後から柳原銀行資料館へ。
 実ははじめて。

 近世の被差別部落を正面から扱ったありがたい資料館。
 『柳原銀行史』(500円)を購入。

 そののち京都国立博物館の「絵巻展」へ。
 雨なのに、平日なのに、大変な人。
 30分待ち。
 なんで博物館参観で並ぶの? 待つの?
 うんざり。

 人をさけて平常展へ。
 平常展、いつ行っても感動。
 いくたび感動。

 八幡・八角堂の阿弥陀如来さん、立派。
 山科・安祥寺の五ち如来さん、壮観。

 妙法院蔵の秀吉の妻、北政所(高台院)ねいの「桐草文様五衣」に出会う。
 元和年間に豊国社に寄進したことが確実なもの。
 なのになぜ妙法院蔵なのか。
 悲しい。

 幕末(文久年間)の有栖川宮父子の直衣、小直衣、感激。
 古高俊太郎や久坂義助も見たかも知れない衣装。
 じっと見つめる。

 さて本来の目的の方。
 さすがに待ち時間は無くなったが、でも館内にはあふれる人。

 不愉快千万。
 よく考えたら、僕はこの展示で特に見たいものはなにもなかった、と思いだす。
 で、行列の横を素通り、たまに人ごみがなくなったところをちらりと拝観。
 それでもういい。
 
 平常展の逸品を見れて、満足。

 方広寺大仏殿跡を歩く。
 いままで気づかなかった痕跡をみつける。
 まだまだ知らないものがあるわ。

 河原町に出る。
 話題の書店に行く。
 S君働いていました。
 お礼をいいました。
 また飲みましょう。

| | コメント (2)

2006.05.23

龍馬とおりょうのバスツアー

5/22(月)はれ
 天気がよく暑い。

 でも外出せず、「京都検定 日めくりドリル」5問をつくって送る。
 毎日掲載だと、自分の文章をチェックするひまもなければ、意識も下る。
 よくないことだ。

 本日、中日新聞に、僕の名前で「龍馬とおりょうのバスツアー」の案内が掲載されたはずです(主催、中日旅行会)。
 9月3日(日)です。
 かなりマニアな龍馬史蹟巡検です。
 どうぞおこしください。

| | コメント (0)

2006.05.22

後白河、秀吉、龍馬の東山七条をあるく

5/21(日)はれ
 京都史蹟隊の巡検で東山七条をあるく。
 本日は少人数でした。
 あるくにはちょうどいいかもしれない。
 
 コースは、
 三十三間堂⇒養源院⇒法住寺⇒後白河天皇陵⇒方広寺南大門⇒今熊野神社⇒一ノ橋跡⇒方広寺西大門跡⇒鼻塚(耳塚)⇒豊国神社⇒方広寺鐘楼⇒大仏殿緑地⇒妙法院⇒豊国社旧参道⇒智積院

 龍馬や天誅組など、幕末期のこの地域の重要性についても披露。

| | コメント (2)

2006.05.21

江戸後期の尾張日記を入手

5/20(土)あめのちはれ
 
 新創社の松岡満氏から、『京都時代MAP 安土桃山編』(光村推古書院)が恵贈される。
 こちらは以前に同書の『幕末編』を出されています。

 おもしろい地図帖で、過去の歴史地図の上に、トレーシングペーパーに印刷された現代地図が重ねられています。
 一見して歴史の舞台地が現在のどこにあたるのか、分かるようになっています。
 安価なのもうれしい。おススメです。

 本日も古書市に。
 昨日の「日記」の二冊目がないか探しにゆく。
 さすがになし。

 でも尾張国の江戸後期(ほとんど幕末)の日記をみつける。
 また二束三文。

 帰宅してから読解に没頭。
 
 これは昨日のものよりおもしろいぞ。

 代官所の県令や手代がやってきたり、関係者が名古屋にしょっちゅう出府したり、別の関係者が京都に来たり(宿は東洞院通下数珠屋町)、弘化4年(1847)3月24日の善光寺地震の風説が記録されてあったり。
 
 記主はただものではない。
 地域の名士だろう。 

 名古屋地域の歴史研究にとって、けっこう大事な記録である予感。
 時間があるとき精読します。

| | コメント (4)

2006.05.20

古書市で近代の文書、記録を入手

5/19(金)あめ
 夕方、高倉三条あたりをあるく。
 たまたま京都文化博物館で古書市をしているのを見る。
 立ち寄ってみる。

 刊本より古記録、古文書が気になる。
 幕末の文書1通と、近代の商家の日記1冊を購入。安価(2束3文)。

 帰宅して読む。

 幕末の文書は慶応2年9月のもので、「青蓮院宮様御家来武田相模守(信発)」という文言あり。

 日記は、現在の左京区の質屋のもの。
 1909年(明治42)から大正10年(1921)の13年分。

 記主やその家族構成、使用人も記載、菩提寺もわかる。
 その家の間取りや、おくどさんのイラストもある。

 これはおもしろい。

 この「2束3文」に価値を与えるのが研究者なのだなぁと思う。

| | コメント (0)

2006.05.18

昼は御土居堀、夕方は新選組論

5/17(水)あめ
 昨日、西京高等学校の岡本晶先生から、
 新刊の高著『京都おとくに 歴史を歩く』(乙訓の歴史を学ぶ会編、かもがわ出版、1700円+税)が恵贈される。

 京都府の乙訓地方は、長岡京や中世油座、細川氏(幽斎、忠興、ガラシャなど)、山崎の合戦、山崎城などさまざまな物語があり、京都南郊にあって、歴史旋回の地といえます。

 その歴史と旧蹟などについて、実に平易に、しかも安価で提供されています。
 執筆者は最先端の研究者と、その知識を学んでこられた学校の先生です。

 おススメいたします。
 とてもよい本です。
 
 午前10:30から、京都市生涯学習センター山科(アスニー山科)で講演。
 「山科本願寺・寺内町から豊臣期京都へ―都市城壁・堀はどのように生れたか」というタイトルです。

 無料ということもあって、250名以上の参加者あり。
 とても多くの人。
 いつもお越しの方多数で、この人たちに支えられているのだという思いでいっぱい。

 一旦帰宅し、夕方4時すぎから、大学の講義。
 「歴史と人物」。
 近年の新選組と近藤勇論の変化を述べる。

 熱心な人とそうでない人の差が極端。
 少し早めにやめる。
 寝ている人が少なからず目に付いたから。

 明日も名古屋。中日文化センター。
 今夜から名古屋に入ろうかと思いましたが、いろいろあって自宅で仕事。

| | コメント (0)

2006.05.17

御土居堀のバスツアー

5/16(火)午前中雨、午後くもりのちはれ

 名古屋・柳橋の朝日カルチャーセンターの「街道ぶらり旅」。
 午前8時、バスで名古屋を出発。
 御土居堀跡、国史蹟指定地9ヵ所、一日で全部歩くという企画。

 参加者計41名。
 
 市内北区鷹峯から。
 お昼は「有明」で。
御土居堀の北西隅を残すお店。

 社長森田清さん、奥さんなど、みな親切。
 とてもおいしいお弁当、冷しゃぶ、驚く。

 今回「お土居みそ」など、関係商品初登場。
 飛ぶように売れるのをみていました。
  
 隣家の光悦堂の「御土居餅」も完売。
 御土居堀は「売れる」ことを実証。

 夕方5時まで各所をとびまわりましたが、7ヵ所でタイムオーバー。
 市五郎神社(中京区西ノ京原町)の遺構は、泣く泣く車中から。
 
 紫野西土居町の遺構は見れず。
 またの機会に。

 烏丸五条で僕だけさようなら。
 どうぞお気をつけて。

 名古屋着は午後8時だったそうです。

| | コメント (4)

2006.05.16

「近藤勇の首塚」参拝

5/15(月)はれ
 岡崎市本宿の法蔵寺へ。
 「近藤勇の首塚」といわれてきた、土方歳三ら銘の基壇の見学。
 
 栄中日文化センターのFさん、Iさん、Wさん同行。
 旧東海道沿いですので、少し得した気分。

 同寺には「東照宮」こと徳川家康の由緒を示す、近世後期の五輪塔や石標がいくつかあり、きわめて興味深い場所と知る。
 史蹟論を進める上で貴重。
 
 名古屋にとまり。
 明日は朝日カルチャーセンターのバスツアーで名古屋から京都へ戻る。

| | コメント (2)

2006.05.14

中津川、刈谷へ行く

5/12(金)はれ
 栄中日文化センターの受講者4人さんと、岐阜県中津川市の中山道歴史資料館へ行く。
 主任指導員の仁科吉介さんからご案内をいただく。

 長州毛利家の「中津川会談」や、「薩長連合」に関する文書・記録の展示を閲覧。
 名古屋に宿泊。

5/13(土)あめ
 午前から、愛知県刈谷市へ。
 天誅組に参加した、松本謙三郎、宍戸弥四郎の誕生地や墓所、家康母の由緒地「椎屋敷」、近世の刈谷城本丸跡を巡検。

 午後3時半から、朝日カルチャーセンターで、「京都学入門」講座に出講。
 終電で帰宅。
 少々、疲労。

| | コメント (0)

2006.05.12

事務処理が多い

5/12(木)はれ
 久しぶりの「休み」。
 家に籠もって事務処理。
 検定ドリル執筆、あさっての朝日カルチャーセンター講座の準備、掃除、など。

 夕方から、友人M氏に呼ばれて、ある「企画」の話し合い。
 1年先になる、その企画。楽しみ、楽しみ。
 
 夜もまた事務処理。
 なんでこんなにすべきことが多いのか。
 進まないし。

| | コメント (0)

2006.05.11

完治いたしました

5/10(水)あめ
 腹痛がなくなっております。
 ご心配をおかけしました。
 完治宣言です。

 天誅組の乱の学習。
 奈良県川上村に行かなきゃなぁ。

 夜、友人Nさんと歓談。
 楽しく、勉強になる。

| | コメント (0)

2006.05.10

龍馬とおりょうの京都をめぐるバスツアー

5/9(火)はれ
 午前10時50分から「基礎からまなぶ!日本歴史」第2回。

 高校生に教える日本史に、もう少しネタをくわえ、一般の方へ伝える講座です。
 専門とは違いますが、原始から現代史まで伝える講座が極端に少ないので、受け入れていただいています。
 前回よりもお客さん、増えました。

 午後1時、中日文化センターのSさんと京都駅で待ち合わせ。
 夏か秋に、中日旅行社の企画で、「龍馬とおりょうの京都をめぐる」バスツアーを行います。 
 その広報のため、三十三間堂近くで撮影と取材を受ける。

 今年は龍馬の妻おりょう没後100年にあたります。
 忘れられていた史蹟をいくつか発見しました。
 その紹介をいたします。

| | コメント (0)

2006.05.09

奈良で古文書体験講座を開く

5/8(月)はれ
 奈良・高の原で、小学館「古文書塾てらこや」の体験講座がありました。
 3人参加予定と聞いていましたが、ふたを開けてみれば1人。

 マンツーマンでした。
 でもよいお客さんでしので、気持ちよく解説ができました。

 実際の受講者は何人になることでしょう。

 開校中止になったりして。

| | コメント (0)

2006.05.07

体調回復中、もう少し

5/6(土)はれ
 御心配をおかけいたしました。
 休日のお医者にかかり、注射を受け、薬ももらいまして、体調回復に向かっております。
 腹痛はまだ続いていますが、でかけることは可能になりました。

 いろいろな人からお見舞いのお言葉を賜りました。
 ありがとうございます。 

 昨日は名古屋市に行き、龍馬講座をこなしてまいりました。
 「吉村虎太郎と天誅組」でした。
 予定の半分もできず。
 体調が悪いからではなく、すべきことが多すぎて。

 次回も天誅組をする予定。

| | コメント (2)

2006.05.04

体調くずし、寝込む

5/3(水)はれ
 午前中、京都のある祭礼の新聞記事について、読者から事実誤認ではと問い合わせがあったと、
友人の新聞記者から電話がありました。

 で、どっちなんだ?という問い合わせです。

 すぐ調べました。
 答え。
 読者が正解!!
 たいしたものです。

 すぐ友人に連絡し、伝える。

 しばらくしてから体調不良にきづく。
 
 熱を測ると38度6分。
 つよい腹痛にも襲われる。
 寝込む。

| | コメント (2)

2006.05.03

東山七条界隈の案内を公開中

5/1(月)はれ
 KBS京都プロジェクトの「Podcasting 京都」の御仕事で、東山七条界隈の旧蹟、名所、神社、寺院をめぐりました。
 肉声での案内を収録しました。

 昨日からそれが公開されています。

http://www.kyokira.jp/

 ※中央右よりの「Podcasting 京都」のコーナーをクリックください。

  するとGW特別企画第二弾「Podcasting 京案内」のコーナーがあります。

  その「ナビゲーター紹介」「その1」「その2」の、○に右向三角形の再生ボタンをクリックされると聞くことができます。

 毎日更新で、全部で19話あるそうです。
 いま公開中のものは、蓮華王院本堂(三十三間堂)です。

 実にじぶん勝手な案内ですが、クレームはご容赦ください(笑)。

 御試聴くださるとありがたいです。

| | コメント (7)

2006.05.02

お休み

ゆえあって、本日お休み。
明日また掲示します。

お許しください。

| | コメント (0)

2006.05.01

東寺界隈をあるく

4/30(日)はれ
 「京都検定をみる・あるく」講座(3回目)で、東寺界隈を歩く。
 
 コースは、西大路駅⇒西寺跡⇒羅城門跡碑⇒(御土居堀跡を通り)⇒六孫王神社⇒東寺⇒遍照心院(大通寺、解散)

 参加者多し。半分がはじめての方。女性も少なくない。

 途中、伏見稲荷の祭礼、神幸に出会う。
 よい日でした。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »