« 洛中・東山の三宅碑を歩く | トップページ | 京都御所、仙洞御所を参観 »

2006.04.27

『御土居堀ものがたり』の次の話

4/26(水)はれ
 大阪市立大学COEのシンポ「都市城壁(惣構)を町づくりにいかす」の抜き刷りが届く。

 所要ありて、京都新聞出版センターへ行く。
 刊行されたばかりの『第2回京都検定 問題と解説』を頂戴する。
 少しお手伝いをしましたので。

 拙著『御土居堀ものがたり』につづく、次回作の執筆が決定する。
 11月刊行を目指すそうです(できるか?)。
 
 佛教大学講義。
 坂本龍馬暗殺事件を題材に、使える史料とそうでないものはどう判断するか、「歴史物語」はいかに生れるかを論じました。
 感想文を読んでみるかぎり、好評のようでした。
 
 終了後、龍馬終焉地の向かいの居酒屋で一杯のむ。

|

« 洛中・東山の三宅碑を歩く | トップページ | 京都御所、仙洞御所を参観 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。