« 龍馬暗殺、の準備をする | トップページ | 初めて拙著を古書店でみつける »

2006.03.05

龍馬暗殺、を語る

3/4(土)はれ
 名古屋の栄中日文化センター、「龍馬講座」の日。
 本日、第1期最終回。
 「龍馬暗殺」を語る。

 詳しい内容はさけますが、歴史学の手法を使えば、刺客を見廻組と考えるのがまったく妥当で、薩摩や土佐などの刺客がいた、黒幕だ、なんていうのは到底ありえない、と述べました。

 さらにどの史料が信用度が高いか、低いかなども紹介。
 「暗殺ストーリー」には多数のエピソードがありますが、それについても、どれが「事実」といえるか、そうでなさそうかも論じました。
 
 斬られた家来藤吉が転倒した音を、悪ふざけをしていると勘違いした龍馬が「ホタエナ」と叫び、そのため刺客はその居所を知ったという話があります。
 僕は、フィクションの可能性が高いと思っています。

 冒頭、少々「演出」もいたしましたので、好評をいただいたようです。

|

« 龍馬暗殺、の準備をする | トップページ | 初めて拙著を古書店でみつける »

コメント

ててさん
 こんにちは
 お元気ですか。
 ご無理なさらず、ご都合よろしくなられましたらおこしください。

投稿: 中村武生 | 2006.03.07 00:50

第1期の講座。。お疲れ様でした。
参加出来なく残念でした。

次回の講座も・・・残念ながら無理そうです(>_<)

体に気をつけて、お仕事頑張ってください。

御土居の講座など、参加出来そうな日はおじゃまします。

投稿: てて | 2006.03.06 19:01

この記事へのコメントは終了しました。

« 龍馬暗殺、の準備をする | トップページ | 初めて拙著を古書店でみつける »