« 第3回京都史蹟講座、盛況 | トップページ | 伯母の通夜 »

2006.02.27

伯母をひとり失う

2/26(日)あめ、夕方やむ

 早朝、訃報あり。
 父方の伯母の他界を知る。
 
 居住地がちかいこともあって、幼い頃、たいへんお世話になりました。
 妹が誕生する前後は、そのお家に住まわせていただいていたこともあります。
 もっとも身近な「おばちゃん」のひとりでした。

 昨年は母方の叔父も失いました。
 そういう時期にきているのか、と思うこと大です。

|

« 第3回京都史蹟講座、盛況 | トップページ | 伯母の通夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。