« 坂本龍馬伝にあらたな1ページを加えました | トップページ | 玉稿「室町期の都市京都における長夫勤仕の実態」拝受 »

2006.02.06

花街文化研究会の方々と会う

2/5(日)はれ
 花街文化研究会の方3名と京都ホテルオークラでお目にかかる。
 来月下旬に同会協賛のイベントの講師を依頼されたためです。
 
 同会のU原さんからご指名をいただきました。
 U原さんとは、10年前、Y科本願寺・寺内町を考える市民の会で、事務局メンバーとして会いました。
 U原さんは卒業論文でY科本願寺・寺内町を論じられたそうですが、研究者をされているわけではなく、当時一般の会社員でした。
 
 その後、転職されましたが、「花街」に関係しておられるとはつゆしらずおりました。
 が、先日たまたま上七軒でばったりであい、お互いに、「えっ、ここと関係しているの?」と思いあったものでした。

 それからしばらくしてのご指名です。
 だから「上七軒仲間」として招かれたと思っていました。

 ところが本日うかがってみると全くちがっていました。

 僕は市民の目線に学問を置く、ということをつねづね考えております。
 なるべくやわらかい口調で、最新成果をお伝えしたい。

 だからカルチャースクールなどで、主題と関係なくても、最近自身の知った「話」を冒頭にお伝えしています。

 もちろん単なる「最新」データなので、今後の研究で「誤解だった」と分かることもあるはずです。
 でも情報の「安定」をまっていたら、新鮮味はなくなります。

 ゆえに「ニュース速報」と位置づけております。
 明日、うそになるかもしれませんよ、といっております(笑)。

 そんな話しを、「知らない間」にU原さんに伝えていたそうです。
 (Yの市民の会で、酔って語ったそうです。)

 で、冒頭の花街文化研究会の趣旨に合いそうな輩だと思われ、招かれたのだそうです。
 恐縮です。
 
 ご期待を裏切らないように気合をいれます。

|

« 坂本龍馬伝にあらたな1ページを加えました | トップページ | 玉稿「室町期の都市京都における長夫勤仕の実態」拝受 »

コメント

おお、U原さん。
 こんにちは。
 いつもご覧くださりありがとうございます。
 今回はじめて「記憶に残る」会話をいたした気がします。
 「やさしいお兄さん」の姿も拝見しました。
 ほほえましかったです。
 3/21午前、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2006.02.06 23:48

ここでは初めまして。
実は毎日のように読んでましたけど。

打ち合わせ自体は短い時間でしたが、こちらのメンバーともすっかり意気投合していただいたのが非常に嬉しかったです。

Yの会だけでなく、こっちの活動でも今後色々ご一緒出来そうで、楽しみです。

3/21、よろしくお願いします!

投稿: U原 | 2006.02.06 23:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 坂本龍馬伝にあらたな1ページを加えました | トップページ | 玉稿「室町期の都市京都における長夫勤仕の実態」拝受 »