« 100点な日 | トップページ | 明治維新期の山科郷士論を拝聴 »

2006.02.11

石田孝喜先生から聞き取りをいたす

2/10(金)はれ
 昨日お目にかかった石田孝喜先生のご自宅を、午後から訪問。
 ある「聞き取り」をさせていただきました。
 やはり思うこと多く、気づかずにいたことを気づかせていただきました。

 その後、JR京都駅前のキャンパスプラザ京都へ。
 次回の「京都史蹟隊」の部屋の予約をする。
 
 キャンパスプラザ京都には中世史研究者、渡邊大門氏が在勤しておられますので、お訪ねしました。
 ブログ友達で、お電話でお話ししたこともありますが、実は初対面。
 http://wdaimon.blog4.fc2.com/blog-date-200601.html

 共通の友人、先生も多く、楽しく歓談いたしました。

|

« 100点な日 | トップページ | 明治維新期の山科郷士論を拝聴 »

コメント

渡邊大門さん
 こんにちは。
 こちらこそご多忙のところ、突然失礼いたしました。
 お茶までいただきかえってご迷惑をおかけしました。
 今後ともどうかよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2006.02.20 12:01

 先日はお忙しいところをお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。厚くお礼を申しあげます。共通の知人も多く会話が弾みました。
 また、当財団の「季刊京都アカデミア」へのご協力ありがとうございました。お願いしたインタビューも無事終わり、3月下旬に刊行の予定です。
 今後ともご指導の程お願い申しあげます。

投稿: 渡邊大門 | 2006.02.18 12:34

この記事へのコメントは終了しました。

« 100点な日 | トップページ | 明治維新期の山科郷士論を拝聴 »