« 【講座】御土居堀跡を歩く | トップページ | D大のA先生の奥さんと会う »

2006.01.19

近江長浜を歩き、感傷的

1/17(火)はれ
 滋賀県長浜市へ行く。

 12時着。
 さっそく鳥喜多へ。
 本店休み。支店へ行く。
 親子丼、とりなんば注文。
 やっぱりうまい。
 それで1000円でおつりがあるのです。

 慶雲館の庭園に寄る。
 近代の庭園ですが、先日国の名勝に答申されました。
 まもなく指定されます。
 盆梅展をしていましたが、寄らず。

 市立長浜城歴史博物館へ。
 学芸員、太田浩司氏を訪ねる。

 いま山内一豊展をしています。
 その妻、見性院のことで疑問点があったので尋ねる。
 さすが太田氏。
 ちゃんと答えを示してくれました。

 旧城下町を歩く。
 北国街道を下る。
 このあたりは観光整備されていないので好きです。

 下村邸跡、長陽園、滋賀県最大の豪商・下郷伝平邸をのぞき、再び北国街道へ戻り北上。
 大手道から一燈園・西田天香の幼少期の旧宅地を通る。

 西田天香の建碑は先年、長浜市によってなされましたが、この地にはない。
 偏向的だ。

 そのあと書店・文泉堂をひやかし、大通寺へ。
 大通寺で日が暮れました。

 長浜は研究上のいくつかの「故郷」のひとつです。
 いろんなことを思い、感傷的でさえありました。

|

« 【講座】御土居堀跡を歩く | トップページ | D大のA先生の奥さんと会う »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。