« 惣構を町づくりにいかす、原稿提出 | トップページ | 坂本龍馬講座の「宿題」回答 »

2006.01.07

龍馬と天誅組の乱を語る

 名古屋市の栄中日文化センターの日。
 家を出ると、京都市北区は大雪。積雪。
 新幹線は大丈夫か。

 京都駅(下京区)につくと雪はなし。
 この差に大変驚く。

 無事名古屋に着く。
 天誅組の乱と坂本龍馬の話をする。
 池内蔵太、上田宗児(宗虎、後藤深蔵)、伊吹周吉(石田英吉)らのこと、おそらく熱弁しました。

 坂本龍馬は天誅組の乱にかなりの思いいれがあったにちがいない。
 が、これを特記した人は皆無に近い。

 最近、上記3人とは別に天誅組の乱と坂本龍馬を結ぶ物語にきづきました。
 まだペーパーにしていないネタです。
 そのお話をしようとしたところタイムオーバー。 

 とても時間がたりませんでした。
 また次回。

|

« 惣構を町づくりにいかす、原稿提出 | トップページ | 坂本龍馬講座の「宿題」回答 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。