« 御土居堀を考える講座終了 | トップページ | ライブドア、堀江社長逮捕 »

2006.01.23

センター入試、日本史Bを試してみる

1/22(日)はれ

 昨日から大学センター入試試験が始まっています。
 今朝の京都新聞朝刊に、前日行われた問題と解答がすでに掲載されています。

 さっそく「日本史B」に挑戦しました。
 毎年、必ず挑戦します。
 これを教えている者として、自身の実力を試しておかなければなりません。

 ほっとしました。
 結果は100点。

 名古屋の中日文化センターの受講生の方から、「親としては、満点取れない先生に子どもを教えてほしくない」といわれたことがあります。
 納得できます。
 とりあえず合格ですね。

 ただしそれは、1度解いたあと、誤解がないか、採点前に確認をしたからです。
 必ずしも一室にこもり「緊張」して解いていないので、実はこの段階では、6問の誤りがありました。
 間一髪です。

 受験生のみなさん、「必ず間違っている」と思って再確認をしてください。

 とくに怖いのが正誤問題。
 「正しいもの」を選ぶのか、「誤っているもの」を選ぶのか、しつこく確認してください。
 僕はこれを見落とし、半分誤りかけました。
 
 今回は、前日にN市の某所で3問の練習問題を解きました。
 そこで解説した中世都市「十三湊」に関する出題がありました。

 「たくさん問題をしたから、1問ぐらいは明日のセンター入試で出ると思いますよ」といいましたが、当たったことになります。

 健闘を祈ります。

|

« 御土居堀を考える講座終了 | トップページ | ライブドア、堀江社長逮捕 »

コメント

木の茶の丸さん
こんにちは。
問題ありませんよ。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2006.01.25 11:54

すみません、トラックバックをしてしまいました。
先生のこの記事(エントリー)をワタクシの方にトラックバックさせたかったですのに。
何だかワタクシのイメージとは逆になってしまいました。あれ~。
(カッコ悪いすぎです‥。点数低いから。)
おじゃましました。

投稿: 木の茶の丸 | 2006.01.25 01:37

この記事へのコメントは終了しました。

« 御土居堀を考える講座終了 | トップページ | ライブドア、堀江社長逮捕 »