« 京都に住んで京都の研究をする意味 | トップページ | 大河「新選組」を振り返る »

2005.12.31

2005年の回顧

12/31(土)

KOZA

 本年最後の日。
 
 大変な1年でした。
 一生忘れられない年になることは間違いない。

 『御土居堀ものがたり』は初の単著刊行で、よい経験になりました。
 すでに次の単著計画もいくつかあり、とまらず歩きつづけなければと思います。

 刊行論文は「吉田稔麿論」が1本。
 中学生のころから関心のあったこの人物を論じたことは、思いの深いことでした。

 「池田屋事件ノート―『御所向放火』をめぐって」をまとめました。
 古高俊太郎の供述に対する原口清氏の御説への反論です。
 某所に提出し、いま査読中です。

 三宅清治郎建立碑および西村芳次郎の本格論文は、完成せず、年をこします。
 これはくやしいことです。

 短文では、カッパ研究会の「カッパが語る京の水」(『京都新聞』夕刊連載)に参加したことが楽しかったです。
 思い入れの深い「水」―牛若丸誕生井、壺井、梅雨の井、鷹峯薬園の井戸―を取り上げ、その顕彰・保存を訴える機会となりました。
 これはカッパ研究会編で単行本として刊行予定と聞いています。

 研究会報告などもいくつかこなしました。
 3月、立命館大学のCOEで、防災の視点での御土居堀について。
 11月は近代京都研究会で、京都市教育会碑について。大阪市立大学のCOEでは御土居堀を利用したまちづくり計画について。
 これらの活字化はこれからです。

  9月の中世都市研究会は、予定していた「豊臣三都論」の報告が都合でできませんでした。
 関係者のみなさんにはご迷惑をおかけしました。

 生活の面では何よりも京都市に帰ってきたことが大きい。
 京都を研究対象にしているものとして、その地の暑い・寒いを生活として知ることは重要です。
 2度と離れないようにしなければ、と思います。

 本ブログ、読者のみなさんにどれだけ支えられたか知れません。

 「趣味」や「ひまつぶし」で営んでいるのではありません。
 そんな時間があれば・・・と揶揄した人がありました。
 が、好きだけで毎日継続することは絶対に困難です。
 「日課」と思って維持してきました。
 それでも途切れる日々がありました。 

 すべては読んでくださる読者のみなさんの期待に応え、毎日対話するためです。

 語るべきことはあふれるほどありますが、この辺で。

 ご愛読ありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 京都に住んで京都の研究をする意味 | トップページ | 大河「新選組」を振り返る »

コメント

渡邊大門さま
 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 こちらこそ今年もよろしくお願いします。

 過分なご評価痛み入ります。
 せねばならぬことが山ほどあるにもかかわらず、全く進んでおりません。
 恥ずかしいことです。
 お互い頑張りましょう。

投稿: 中村武生 | 2006.01.02 01:54

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。昨年はご著書(単著)を刊行され、おめでとうございました。コツコツと新聞連載を続けられた成果ですね。昔ある人から、50枚の論文を年に1本、10年続ければ本が1冊できるといわれたことがあります。この年に1本というのが意外に大変で、大学の先生でも叶わないことです。いくつもお仕事を抱えながらの刊行で、私も見習いたく存じます。
 昨年から中村様の後輩として、仏大でがんばっています。それにしても道は長いですね。果たしてゴールはどこにあるのか、結構大変ですが、がんばりたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 渡邊大門 | 2006.01.01 16:24

ててさん
こんにちは。 
 こちらこそお世話になりました。
 名古屋の新年会、どうぞお越しください。
 来年もよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2005.12.31 01:21

先生!!今年も、大変お世話になりました。
ブログ、楽しく拝見させて頂きました。お仕事や色々忙しいと思いますが、 
来年もおじゃまさせていただきます。m(__)m

投稿: てて | 2005.12.31 01:01

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都に住んで京都の研究をする意味 | トップページ | 大河「新選組」を振り返る »