« 明日も「京都」で仕事をします | トップページ | 会津若松城下町の話をする »

2005.12.15

京都の地震はいつ起きても不思議は無い

12/14(水)はれ

 佛教大学へ出講。
 京都の地震の話をしました。
 
 京都は地震が起きないと思っている方がおられます。
 とんでもない。

 平安時代以来、70~80年の間に一度以上大きな地震が起きてきました。
 
 最後に起きた大地震は文政13年(1830)です。
 詳しくは三木晴男氏『京都大地震』(思文閣出版、1979年)をご覧下さい。

 もう170年以上、大きな地震が起きていません。
 いつ起きても不思議ではありません。

 活断層の上には住まないようにしましょう。
 国土地理院編『都市圏活断層図』が役に立ちます。
 おうちが該当しないか、1度ご覧ください。

|

« 明日も「京都」で仕事をします | トップページ | 会津若松城下町の話をする »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。