« 都市城壁(惣構)を町づくりにいかすシンポ | トップページ | 藤ノ木古墳の思い出を話す »

2005.11.19

京大人文研で建碑論を報告

11/19土はれ

PC080216

 京都大学人文科学研究所の「近代京都研究班」で報告をしました。
 
 タイトルは「近代京都の建碑と史蹟の創出」。
 1910~1940年代の、三宅碑と京都市教育会碑について論じました。

 なぜか後者の方が受けたようです。
 寺井萬次郎の明治維新の史蹟顕彰活動を中心に述べました。

 フロアーから気づかないこと多数ご教示いただきまして、さらに深めて行けそうです。
 やはり報告して、有識者に聴いていただくこと、重要です。

 来年度、この研究会活動は論文集として総括されます。
 僕はこの内容をまとめる予定です。
(写真は京都市教育会碑のひとつ。河原町四条上ル東側)

|

« 都市城壁(惣構)を町づくりにいかすシンポ | トップページ | 藤ノ木古墳の思い出を話す »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。