« 西原理恵子、さすが。 | トップページ | 広隆寺で未知の三宅碑確認 »

2005.11.03

立命館大学へ行き文化財保護を語る

11/2(水)はれ

ritsu1

 友人から電話あり。心やすらぐ。

 午後3時、立命館大学へ(写真)。
 
 考古学の木立雅朗(きだち・まさあき)先生に呼ばれる。
 卒論を書く学生さん(女性)に、僕の文化財保護活動のこれまでを語ってほしいという依頼です。
 快諾をいたしました。

 拙著『御土居堀ものがたり』を読んでいてくださり、終始楽しくありました。
 木立先生やその学生さんもかかわる文化財保護活動のこともうかがえ、僕が勉強になりました。

 夜は木立先生と学生さんと飲みに行く。
 拙著の出版祝いといわれる。お気持ちがうれしい。 

 西院で軽く食事したあと、居酒屋「北平」へ。

 京都惣構(御土居堀)の土塁・堀跡を少し残す店です。
 拙著にも紹介しましたので、今回お店に寄贈しました。
 
 たいそう酔って帰宅しました。

|

« 西原理恵子、さすが。 | トップページ | 広隆寺で未知の三宅碑確認 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。