« 佛教大学の書店に並ぶことになる | トップページ | 新選組不動堂村屯所跡の新しい表示板建つ »

2005.10.02

京都市立高校の先生に御土居堀を語る

10/1(土)はれ

150

 京都市立高校の先生に、御土居堀のお話しをする日。
 
 お昼12時30分、京都市立紫野高校に入りました。
 講演会場です。

 佛教大学のとなりの高校ですが、はじめて入りました。
 直木賞作家、綿矢りさの母校でもあります。
 実際、綿矢りさを教えた先生にもお会いでき、感無量でした。

 拙著を11冊持参しましたが、完売しました。
 ありがとうございます。

 1時間半余の講演のあと、現地へ。
 紫野高校のある地区は、御土居堀のもっとも良好な遺跡地です。

 いつものように「御土居餅」の光悦堂にも寄りました。
 
 北西隅の土塁・堀を所有される「有明」(「オアシス」)の森田さんにもまた甘えまして、中に入れていただきました。ありがとうございます。

 目的の場所に着かないのに予定の午後4時半が過ぎました。
 残念ながら途中で終了。

 3名の先生と中華料理店へ懇親会へ。
 楽しいひとときでした。
 ごちそうさまでした。

 僕がこの研究で依拠していたある史料集の編者の方がおられたり、おそるおそる述べた発言がうけたり、いろいろ得ることも多くありました。
 心より感謝申し上げます。

|

« 佛教大学の書店に並ぶことになる | トップページ | 新選組不動堂村屯所跡の新しい表示板建つ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。