« 鷺森御坊の最新研究を聴く | トップページ | 研究者と芸術家、目指すところは同じらしい »

2005.10.31

佛教大学学園祭に17年ぶりに参加

10/31(月)はれ
 
20051031

 佛教大学の学園祭(鷹陵祭・おうりょうさい)の初日(写真、クリックすると拡大します)。
 ふだんは全く無関心の行事だが、今年はある学生さんのお誘いがあり、午前中ちらりとのぞきに行く。
 鷹陵祭参加は1988年以来ですから、17年ぶりです。
 
 午後1時から天理大学出講。
 石碑が建たなかった維新史蹟の話しをする。

 ご当地、天理大学のすぐそばは、天誅組の乱の史蹟地のひとつです。
 建碑されなければ、誰にも知られない事例紹介です。
 その前提たる天誅組の乱の解説をする。

 帰途再び、佛教大学・鷹陵祭に立ち寄る。
 ばったりあった受講生の子から勧められた「鍋物」を食べたり、喫茶をしたりと楽しく過ごしました。
 
 午後7時から「平安京・京都研究集会」事務局会議。
 花園大学の山田邦和博士邸に集会。
 次回「研究集会」の話し合い。

 帰宅後もいろいろあって、しんどかったり楽しかったり、と濃厚な日でした。

|

« 鷺森御坊の最新研究を聴く | トップページ | 研究者と芸術家、目指すところは同じらしい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。