« 坂本龍馬を論じる・その1 | トップページ | 寺田屋の建物と旧蔵品問題 »

2005.10.24

寺田屋問題を再考するため京都府立総合資料館へ行く

10/23(日)あめのちくもり

26

 午後から京都府立総合資料館へ行く。

 先日、「こんな文献がありますよ」と、いつもお世話になっている同館司書の松田万智子さんからメールをいただきました。
 
 本ブログの10/13条、「戊辰役で焼失した寺田屋」をご覧になられてのことです。
 ここで同館所蔵の龍馬の刀の鍔を紹介しました。
 その鍔が京都府立図書館に収蔵される経緯を記した文献がある、と紹介してくださったのです。

 その文献とは、春田明『藤田丹岳と山陽-附・俳人藤田呉竹』(東京図書出版会、2003年)です。
 
 知らないことがいっぱいありましたので、これを書評しつつ、「寺田屋問題」を再論してみたいと思います。
(写真は現在の寺田屋の梅の間-「龍馬の部屋」)

|

« 坂本龍馬を論じる・その1 | トップページ | 寺田屋の建物と旧蔵品問題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。