« 伏見城下町と坂本龍馬史蹟を歩く | トップページ | 10月20日、書店に並びます »

2005.10.11

中書島遊郭跡を通る

10/8(土)つづき
 
 三宅碑のあとは寺田屋へ向かいます。
 碑の側面の道を北上します。

 途中の地域が「中書島」です。
 ある時期、宇治川の中ノ島だったのです。
 駅名はここから来ています。

 ここが埋め立てられ遊郭ができました。

 いまでも遊郭時代の建物が残されていて、隠れた名所になっています。
(つづく)

|

« 伏見城下町と坂本龍馬史蹟を歩く | トップページ | 10月20日、書店に並びます »

コメント

土居浩さん
 はじめまして。
 ご高名、承知しております。
 以前、平安京・京都研究集会でお目にかかれず残念に存じておりました。
 新刊の、『花街』(朝日選書)の情報ありがとうございます。ぜひ拝見したく存じます。
 今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2005.10.15 12:37

はじめてまして。中書島遊郭跡は私もかなり前に散策しました。懐かしい風景に、ついついコメントさせて頂きました。その際、私たちを案内してくれた知人が、『花街』(朝日選書)という本を出しました。すでに御存知とは思いますが、ご参考までに。これからもこちらのブログ楽しみに拝見させて頂きます。でわでわ。

投稿: 土居浩 | 2005.10.13 23:38

この記事へのコメントは終了しました。

« 伏見城下町と坂本龍馬史蹟を歩く | トップページ | 10月20日、書店に並びます »