« 毎日のべ200人もお越しとは存じませんでした | トップページ | 拙稿が京都新聞に載りました »

2005.09.01

徳川公儀の拠点―江戸を講ずる

P8050218

9/1(木)はれ
 本日は栄中日文化センターの講座の日。
 新幹線で名古屋へ向かいます。

 途中、車中で11時58分を迎える。
 関東大震災の犠牲者を悼む。

 本日のお題は「徳川公儀の拠点―江戸」です。
 この講座は、都市の城壁・環濠(惣構・そうがまえ)を取り上げるものですから、今回はいわゆる江戸城外堀を論じました。

 北原糸子さんの『江戸城外堀物語』(ちくま新書、1999年)をはじめとする、東京・地下鉄7号線溜池・駒込間の調査成果は、近世都市の惣構の実態を明らかにされました。

 恥ずかしながら僕はこの成果を学ぶことが遅かった。
 
 近刊の拙著『御土居堀ものがたり』(京都新聞出版センター)は、ほとんどこの成果にふれていません。

 ただあえていわせていただくと、『江戸城外堀物語』にも「御土居」の単語がまったく出てこない。
 大坂城惣構についてもふれるところはない。

 いまだ三都の惣構は、学問の上で、対面していないのです。
 
 あさってから京都・花園大学で始まる「中世都市研究会」(京都大会)で、僕は「豊臣三都論(京都・大坂・伏見)」を論じる予定でしたが、ゆえあってできなくなりました。

 惣構から「首都」を論じる、これは大きな課題だと改めて感じた次第です。
(写真は国史蹟「江戸城外堀跡」のうち、赤坂門付近。2002年8月撮影。写真をクリックすると拡大します。)

|

« 毎日のべ200人もお越しとは存じませんでした | トップページ | 拙稿が京都新聞に載りました »

コメント

ててさん、こんにちは。
 本日もありがとうございました。
 満足いただき、恐縮です。

 秋からは「龍馬」と「古地図」と両方ありますので、ご無理ないようお付き合いください。

投稿: 中村武生 | 2005.09.02 00:19

お疲れ様でした。
今回は、江戸と言う事で..土地慣があり、とても楽しかったです。

今回の講座も次で一段落ですね!!秋からの講座はどちらも参加したいのですが..(^_^;)
なかなか..色々..有るので...(@_@;)...。

投稿: てて | 2005.09.02 00:08

この記事へのコメントは終了しました。

« 毎日のべ200人もお越しとは存じませんでした | トップページ | 拙稿が京都新聞に載りました »