« カッパ研究会に参加 | トップページ | イベント準備をし、鷹峯のまちづくりを考える »

2005.09.24

京都府立総合資料館での講演

『御土居堀ものがたり』刊行2日前

9/22(木)はれ
 朝7時30分、起床。。
 
 某さんもきちんと起きられる。
 
 モーニングコーヒーを飲まれ、8時に出て行かれました。
 さすが。

 わたしも二度寝をせず、そのまま活動開始。
 本日は、わたくし、京都府立総合資料館での講演の日です。
 用意をいたします。

 午後1時すぎ、京都府立総合資料館に到着。
 構内に入ったところをMさん見られた由、お迎えに来て下さる。

20050922

 さぁ、お客さん、何人来られることでしょう(写真は受付直前の会場)。
 受付開始は1時30分です。

 プロジェクターセットのため、会場に入ります。
 これが1時10分ころ。
 驚いたことに、もう数人待っておられます。

 セット完了。
 「館長室で、時間までおくつろぎ下さい」といっていただいたので、会場を出て案内をうける。

 この段階で1時25分。
 部屋を出てびっくり。
 すでに長蛇の列。
 いったい何人並んでおられるのか、一見しただけでは分からない。
 正直、「ぎょっ」という感じ。

 お連れ下さった場所は、昨日も入った「貴賓室」。
 そうか、館長室だったのか。

 館長さんとお目にかかる。
 歴史資料課長さんもこられ、しばし歓談。

 お時間です。
 会場へ向かいます。

 会場に入るなり、大いなる熱気を感じる。
 受付のTさんに尋ねる。
 「何人ですか?」
 「多いです。185人、まだ増えると思います。」
 
 いやでも緊張する。

 会場に入り切れず、となりの部屋にもイスが並べてあり、そこにもお客さん。
 つまり演台の右側にお客さんがいるのです。

 正面と右にお客さんがいる講演なんて初めてです。

koza1

 2時間ぎっしり話させていただきました。
 少し内容よくばりすぎました。

 終わって、もう一度Tさんに「何人でした?」
 「220人ぐらいです。」

 新記録です。
 感謝です。

 また館長室へ。
 館長さんはじめ、みなさんねぎらってくださる。

 大変お世話になりました。
 おかげさまで楽しくすませることができました。

 部屋を出る時、職員さん総出で見送ってくださる。
 退職するときのお別れみたい。
 思ったことを口にすると、みなさん大笑い。

 正門を出るところまでお見送りくださる。
 お気持ちが大変うれしかったです。
 
 資料館を出るとすでに午後5時。
 
 遅い昼食(早い夕食)をすませ、古書店をひやかし、午後7時前、大谷大学へ。
 山科本願寺・寺内町を考える市民の会の定例会議に出席。
 
 この時間帯はつらい。
 睡魔に襲われる。
 なんせ2日間、3~4時間睡眠ですから。

 でも会議に入ると醒めてくる。
 出席は会長、事務局長、K先生(大谷大学)、A先生(D大学)、K氏(H大学・院)、中村の6名。
 
 順調に議事は進み、終了は8時すぎ。
 とくに懇親会はせず、散会。
 僕もまっすぐ帰宅しました。

 本日は早く寝ましょう。

|

« カッパ研究会に参加 | トップページ | イベント準備をし、鷹峯のまちづくりを考える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。