« 高陽院跡を見に行く | トップページ | 長浜城歴史博物館で驚く »

2005.09.11

田中吉政とその時代展にむかう

9/10(土)はれ

tanaka
 
 つづきです。
 
 本日の『京都新聞』朝刊で、滋賀県の市立長浜城歴史博物館「田中吉政とその時代」展が始まったことを知りました。

 田中吉政(1548―1609)は、織豊・江戸初期、近江国浅井郡(現滋賀県東浅井郡虎姫町)出身の武将です。

 豊臣秀吉の養子で、のちに滅ぼされる豊臣秀次の家老として知られます。

 土木工事に長けた人で、近江八幡、尾張清須といった秀次の城下町建設を主導したといわれます。

 自身は徳川家康が関東に移ったのち、三河岡崎の領主になります。
 岡崎といえば家康の出身地としてしられますが、実は現在の町の原点は田中吉政がつくっています。

 関ヶ原では東軍(徳川家康)につき、その功で筑前柳川の領主になります。
 功の最たるものが、西軍の事実上の総大将石田三成を逮捕したことです。

 話しがながくなりました。
 以上の経歴を知っていましたから、田中吉政にはとても関心がありました。

 ですから、その企画展開催と聞き、駆けつけようと思ったわけです。
 
 京都駅から長浜駅まで61分。
 新快速に乗り込みました。
(つづく)

|

« 高陽院跡を見に行く | トップページ | 長浜城歴史博物館で驚く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。