« 徳川公儀の拠点―江戸を講ずる | トップページ | 徳川公儀の薬園の井戸 »

2005.09.02

拙稿が京都新聞に載りました

20050902

 本日の『京都新聞』夕刊3面の連載「カッパ語る/京都の水」(第59話)は僕の担当でした。

 お題は「徳川公儀の薬園の井戸」です。

 京都の江戸時代の史蹟は実に悲しい扱いを受けている。
 その代表として、京都市北区鷹峯藤林町の徳川公儀、薬園跡を紹介しました。

 そのシンボルが、「井戸」です。

 とりあえず写真を公開いたします(写真をクリックすると拡大します)。
 全文は、日が変わってから掲示いたします。

|

« 徳川公儀の拠点―江戸を講ずる | トップページ | 徳川公儀の薬園の井戸 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。