« イベント準備をし、鷹峯のまちづくりを考える | トップページ | 無事出版! 御土居堀ものがたり »

2005.09.26

御土居堀ものがたり、本日刊行

9/26(月)
 『御土居堀ものがたり』刊行、本日

269

 朝1番、中日文化センターのお客さんFさんから、
 「先生、今日ですよね。おめでとうございます。」というメールを頂戴する。
 
 ありがとうございます。
 そのお気持ちがたいへんうれしい。

 京都新聞出版センターに確認。
 本日午前中に印刷所から届く由。

 僕は本日から仕事再開です。
 天理へ出講いたします。
 ながい夏休みが終わりました。

 夕方、天理から戻って、本を受け取ります。
 そのあと、ささやかな祝宴をいたします。
(写真は、河原町沿いに唯一残る土塁。盧山寺。)

|

« イベント準備をし、鷹峯のまちづくりを考える | トップページ | 無事出版! 御土居堀ものがたり »

コメント

元受講生のHさん
 こんにちは。
  ご祝辞ありがとうございます。

 来月中旬ころ、大学の書店にも置いてもらえるかと存じます。その節はどうぞよろしくお願いいたします。
 
明日からまた出講です。
 よろしければまた遊びにきてください。

投稿: 中村武生 | 2005.09.27 10:05

shimizuさん
 こんにちは。
 先日の八幡ではありがとうございました。
 
 拙著『御土居堀ものがたり』は昨日無事刊行いたしました。が、書店販売は来月中旬になります。

 さっそくご注文いただいた由、ありがとうございます。さらに5000部もご注文の勢い、誠にありがとうございます(笑)。

 ただ残念なことに初版3000部発行なので、お気持ちにそえません。まずは2000部ご注文くださいますでしょうか(笑)。

 それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 中村武生 | 2005.09.27 10:03

ててさん、こんにちは。
ご祝辞ありがとうございます。

 先日八幡では終了後のお茶ができず、失礼いたしました。お疲れではありませんか。

 大好評で終わらせていただきましたので、また「歴史地理講座」第2回があるかと存じます。またどうぞよろしくお願いします。

投稿: 中村武生 | 2005.09.27 09:57

安田清人さま
 ごぶさたしております。
 お元気でいらっしゃいますか。

 コメントありがとうございます。
 ブログをご覧いただいているとは存じませんでした。ご祝辞いたみいります。

 できれば近々にお目にかかり、近況報告や「あした」のことなどお話ししたいところです。

 とは申せ、京都・東京のことですから、なかなか困難かも知れません。
 どうぞお体にお気をつけくださりご活躍ください。またご一緒にお仕事をさせていただくことを心より願っております。

投稿: 中村武生 | 2005.09.27 09:55

先生、本の刊行おめでとうございます!!
いよいよ、出ましたね!長いことかかっていたので、すっごく嬉しいいんじゃないですか??
本、買いますねぇ~!!

投稿: 元受講生のHです | 2005.09.27 09:34

八幡市散策お疲れ様でした。
前橋故郷の清水です。
先生はツアーでもっと語りつくしたい雰囲気でしたね?
八幡への深く熱い想いを感じました。

さて、例の本は今日発売なのですか?
先日、ダイアモンドシティの大垣書店に予約しておきました。
まだ連絡ありませんが、手元に届くのが楽しみです。
とりあえず1冊ですが、5000冊くらいで注文して買い占めておきましょうか?
(笑)

自宅近く、東塔院松原に安兵衛というお店があり時々行きます。
(おばんざい系飲み屋)
姓は三宅かどうかわかりませんが、今度聞いてみます。
で、松原通り反対側の‘山椒’は絶対先生好みのお店で、お奨めです。
では、また!

投稿: shimizu | 2005.09.27 01:10

先生、こんばんわ
きゃあ~今日ですね(>_<)刊行!祝!!

日曜日はお疲れ様でしたm(__)m三宅碑に堪能し、松花堂弁当を賞味し、充実した一日でした。
次回、またイベントがあることを楽しみにしています。

投稿: てて | 2005.09.26 23:28

中村武生様
 ご著書刊行、本当におめでとうございます。初めてお目にかかった折に、この本の刊行構想(目標)について教えていただきましたが、ついに、ついに日の目をみる運びとなったのですね。実に嬉しい限りです。まもなく、池袋のジュンク堂にも並ぶことでしょう。もちろん、売上実績に貢献させて頂きます。維新史研究・新選組研究の分野ににつきましても、ますますのご活躍を期待いたしております。
 まずは、ご挨拶まで。


投稿: 安田清人 | 2005.09.26 22:03

この記事へのコメントは終了しました。

« イベント準備をし、鷹峯のまちづくりを考える | トップページ | 無事出版! 御土居堀ものがたり »